2012年7月27日 (金)

カムデンタウン

一昨日、ロンドンのカムデンタウンにある、ロンドンアイリッシュセンターでアイルランドの大学の説明会があり参加してきました。 

アイルランドの大学については、興味深いことをたくさん学びましたので、また、後日、改めてまとめたいと思いますが、それまで待てない方は、どうぞ、info@mitsuba.co.uk までお問い合わせください。 

ロンドンアイリッシュセンターは、カムデンロード駅の近くにあり、落ち着いた住宅地の中にあります。
そこから徒歩でほんの数分のところに、地下鉄ノーザンラインのカムデンタウン駅があります。 

帰り、カムデンタウンにちょっと寄り道をしました。

ハイストリートは、平日なのに、観光者や若者でいっぱいでした。

カムデンタウンは、若者に人気のマーケットがあります。
ちょっと覗いてみました。 

まるで、上野のアメ横みたいです。

奇抜なアクセサリーや携帯電話カバー、派手派手なブーツ、まだまだ、パンクカルチャーは健在でした。
安いのも魅力なのでしょう。 若者が集まってくるはずです。

カムデンタウンの駅から、ハイストリートをマーケットと逆方向に歩くと、ちょっとエスニックなお店がたくさんあり、個性的で楽しいところです。

Camdentown_5


そんな活気のある若者に人気のカムデンハイストリートに、Tti School of English があります。
授業料もリーズナブルで、とってもフレンドリーな学校です。

また、アコモデーションのオプションがたくさんあることも、Tti School の魅力のひとつです。 学校は、にぎやかな通りにあるにもかかわらず、少し通りを入ると、素敵なお家がたくさんあります。 少しだけ、「イギリスのカントリーライフ」というブログに写真を上げておきました。

また、ロンドンの中心部までも地下鉄で15分ほどです。

学校にご興味のある方は、どうぞ、mitsuba associates までお問い合わせください。

ついでに、Tti School of Englishに立ち寄り、いつもお世話になっているマーセラさんに、ご挨拶してきました。

Tti_school_2

 

| | コメント (47) | トラックバック (0)

2009年1月27日 (火)

サウスボーン

春が待ち遠しいこの頃です。

イギリスの春は、日が長く、特にカントリーサイドでは、緑がすばらしく、草花がきれいで、充分に待っただけのことはあります。 

さらにイギリスの夏は、からっとしていて、暑過ぎず最高です。

ぜひ、今年こそは、円高ポンド安を活用して、イギリスに来て頂きたいです。

イギリス南西部の海岸リゾート、ボーンマス郊外にサウスボーンSouthbourneという住宅地があります。 ボーンマスから続く12kmのゴールデンビーチに面した静かな町です。 Southbourne_3

背にニューフォレスト国定公園があり、町からは、ホワイト島を見渡すことができます。 

ボーンマスには、大学もあり、洗練された活気のある街ですので、サウスボーンは、少し落ち着いたところを好む人には、ちょうど良いロケーションです。 また、このあたりは、イギリスで最も温暖な地域です。

この町にあるサウスボーンスクールオブイングリッシュ Southbourne School of English は、ビーチから10分のところにある家族経営のフレンドリーな学校です。 「生徒がハッピーであること」を学校のモットーとしています。

カフェ、コンピュータールームなど、設備も充実していて、一般英語、検定英語、ビジネス英語コースなどがあります。

アクティビティも豊富に企画されていますが、特にウォータースポーツが好きな人には、理想的です。

また、ロンドンやオックスフォード、ケンブリッジなどと比べ、ホームステイ代が安いのも特徴ですが、何よりファミリーが学校から近いのは魅力です。

さて、Southbourne School of English は、今年、下記スペシャルオファーを提供しています。

ショートコース(1週~11週まで)の申込みは、5%の割引
 (2009年6月12日までにコースをスタートすることが条件)

 一般英語コースは、£168 → £159.60
 インテンシブ英語は、£196 → £186.20


ロングタームコース(12週以上)の申込みは、
 (2009年11月1日までにコースをスタートすることが条件)

 12週~23週申し込むと1週フリー (12週料金で13週の授業)
 24週~35週申し込むと2週フリー (24週料金で26週の授業)
 36週~47週申し込むと3週フリー (36週料金で39週授業)
 48週以上申し込むと4週フリー (48週料金で52週授業)

Southbourne School of English の詳しい情報、または、イギリス留学のご相談は、どうぞ、mitsuba associates までお問い合わせください。 

Southbourne_school

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2008年10月27日 (月)

セブン川とシュルーズベリー 

日本のガイドブックでは、一般にセバーン川と呼んでいますが、Severn と綴り、イギリス人は、セブンと発音します。 

セブン川は、ウェールズに発しイングランドの森の中を抜け、ブリストル海峡へと流れる、イギリスで最も長い川です。

シュルーズべリーは、イングランドとウェールズのボーダー近くにあり、セブン川が街を流れ、自然に恵まれた美しいく、今でもチューダー王朝時代の古い石畳の通りが残り、まさに古き良き英国を思わせる趣のあるマーケットタウンです。 英国で最も美しい中世の街のひとつに違いありません。
 
シュルーズベリーの街の中心にSevernvale Academyという小規模でとてもフレンドリーな英語学校があります。 生徒数は、多いときで、45人くらい、1クラス6人までの少人で授業が行われます。 生徒の平均年齢は、28歳~35歳で、マチュアな生徒に人気がある学校です。

Severnvale Academy の情報は、
http://www.mitsuba.co.uk/school/SY1.html

Severnvale Academy は、この秋、mitsuba associates を通して、申し込んだ生徒に、下記3つの特別オファーを提供することを約束してくれました。

1.インテンシブコース を10%割引
  11月1日~2009年2月28日まで受講コースに適用

2.スーパーインテンシブコースを15%割引
  11月1日~2009年28日まで受講コースに適用

3.2009年の授業料を2008年の料金で
  今年11月30日までに申込み支払いを済まると、2009年全コース料金が2008年の料金になる。

Severnvale Academyの詳しい情報、イギリス留学のお問い合わせは、どうぞ、mitsuba associatesまで。

Shrewsbury

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年10月20日 (月)

チェルトナム

チェルトナムは、18世紀に天然の温泉が発見され、王族はじめ裕福な人たちが訪れるようになり、優雅なスパータウンとして発展しました。 当時摂政時代だったイギリスは、リージェンシー時代と呼ばれ、チェルトナムの街には、エレガントなリージェンシースタイルの建築がたくさん建ち、今でもそのまま残っています。

Cotswolds また、チェルトナムは、古くからイギリスのガーデンタウンと呼ばれ、街中に花が咲き、美しい庭園が散在しています イギリスで最も美しい丘陵地コッツウォルズの中心にあるチェルトナムは、バースやオックスフォードへも便利で、イギリスの美しいカントリーサイドをエンジョイしたい方、観光もしたい方には、もってこいの街です。

さらに、治安が良く最もイギリス的な街チェルトナムは、本物のイギリスを経験するのに最も適した街のひとつと言えるかも知れません。

チェルトナムの街の中心にInlingua Cheltenhamという中規模の英語学校があります。

外国語としての英語、外国語、英語教師育成コースの3つの部門からなってるため、全体の20%ほどは、英国人の生徒です。 
外国語としての英語コース(EFL)には、一般英語、IELTSコース、ビジネス英語コース、ジュ ニアーコースなどがあります。 1クラスの生徒数は、10人までの少人数制です。
また、毎日放課後3時15分~4時半の間、見習い教員により無料レッスンがあり、希望で何回でも受けることがあります。

インリンガチェルトナムは、2009年の授業料を据え置くことに決めまたそうです。

また、下記の特別オファーを提供することを発表しました。  

一般英語週20/30レッスンを 
12週申し込むと1週フリー = 合計13週 
22週申し込むと2週フリー = 合計24週 
36週申し込むと3週フリー = 合計39週 
48週申し込むと4週フリー = 合計52週


Cheltenhaminlingua

 

Inlingua Cheltenham の詳しい情報は、   
http://www.mitsuba.co.uk/school/GL4.html
 


Cheltenhamschool_2 

先日、Cheltenham Schoolのデービット氏がmitsuba associatesのオフィスを訪問した時の写真


イギリス留学のことなら、mitsuba associates に、ご相談ください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年9月15日 (月)

ベリー マーケット

ベリーセントエドモンズ(Bury St. Edmunds)、通称、ベリーは、イギリス東部のサフォーク州にあるしゃれたマーケットタウン。 

大聖堂や修道院の廃墟もあり、13世紀にさかのぼる歴史的な町で、マグナカルタと深いつながりのある町です。 

土曜日と水曜日に青空市場が出て、まわりの村々からたくさんの人が集まってきます。 10年ほど前までは、水曜日のマーケットデーには、家畜のオークションもありましたが、今、このオークションがあったカトルマーケットの跡に、大型ショッピングセンターを建てています。 

イギリスは、「コヒーカルチャー」が浸透し、昔の暗いイメージのカフェは、スターバックスやカフェネロなどモダンなコヒーショップに変わり、健康的で、若者に人気のコンチネンタル風のショッピング通り変身しています。

ベリーのアビーゲートストリートも、そんなしゃれた若者の通りで、町の中心のマーケットスクエアからアビー(修道院)の入り口に向かう下り阪の通りです。

通りを下りたところは、エンジェルヒルという広場で、平日は、駐車場になっていますが、今週末、ファーマーズマーケットとコンチネンタルマーケットがありました。  

"Market Awareness Weeend" というプログラムの一環らしく、天気の良い日曜日は、久しぶりに青空市でショッピングを楽しみました。

ファーマーズマーケットは、少し物足りなかったけれど。。。

Photo_2Photo   

Photo_314092008127_2

| | コメント (1) | トラックバック (0)