2009年1月27日 (火)

サウスボーン

春が待ち遠しいこの頃です。

イギリスの春は、日が長く、特にカントリーサイドでは、緑がすばらしく、草花がきれいで、充分に待っただけのことはあります。 

さらにイギリスの夏は、からっとしていて、暑過ぎず最高です。

ぜひ、今年こそは、円高ポンド安を活用して、イギリスに来て頂きたいです。

イギリス南西部の海岸リゾート、ボーンマス郊外にサウスボーンSouthbourneという住宅地があります。 ボーンマスから続く12kmのゴールデンビーチに面した静かな町です。 Southbourne_3

背にニューフォレスト国定公園があり、町からは、ホワイト島を見渡すことができます。 

ボーンマスには、大学もあり、洗練された活気のある街ですので、サウスボーンは、少し落ち着いたところを好む人には、ちょうど良いロケーションです。 また、このあたりは、イギリスで最も温暖な地域です。

この町にあるサウスボーンスクールオブイングリッシュ Southbourne School of English は、ビーチから10分のところにある家族経営のフレンドリーな学校です。 「生徒がハッピーであること」を学校のモットーとしています。

カフェ、コンピュータールームなど、設備も充実していて、一般英語、検定英語、ビジネス英語コースなどがあります。

アクティビティも豊富に企画されていますが、特にウォータースポーツが好きな人には、理想的です。

また、ロンドンやオックスフォード、ケンブリッジなどと比べ、ホームステイ代が安いのも特徴ですが、何よりファミリーが学校から近いのは魅力です。

さて、Southbourne School of English は、今年、下記スペシャルオファーを提供しています。

ショートコース(1週~11週まで)の申込みは、5%の割引
 (2009年6月12日までにコースをスタートすることが条件)

 一般英語コースは、£168 → £159.60
 インテンシブ英語は、£196 → £186.20


ロングタームコース(12週以上)の申込みは、
 (2009年11月1日までにコースをスタートすることが条件)

 12週~23週申し込むと1週フリー (12週料金で13週の授業)
 24週~35週申し込むと2週フリー (24週料金で26週の授業)
 36週~47週申し込むと3週フリー (36週料金で39週授業)
 48週以上申し込むと4週フリー (48週料金で52週授業)

Southbourne School of English の詳しい情報、または、イギリス留学のご相談は、どうぞ、mitsuba associates までお問い合わせください。 

Southbourne_school

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2008年11月 7日 (金)

クイーンズイングリッシュを学ぶなら

せっかく本場イギリスで、本場のクイーンズイングリッシュを学ぶなら、イギリスの地方都市にあるイギリス人経営の学校を選ぶべきです。

本物のイギリスを経験したい人にお勧めしたい英語学校がいくつかありますが、Devon School of English は、そのひとつです。

Devon School of English は、オックスフォード大学出身ご一家が経営する、フレンドリーで英語学校です。

学校は、英国西部、デボン州のトーベイ湾に面したPaintonにあります。 ペイントンは、イングリッシュリビエラと呼ばれ、ビクトリア女王やオスカーワイルドのお気に入りのリゾ-ト地でした。 ミステリー作家アガサクリスティーが生まれたところでもあります。 

デボンスクールは、下記の特別オファーを適用してくれることを約束してくれました。

一般英語コース(週23時間)、アカデミックイヤーコースを
12週申し込むと1週フリー = 12週料金で13週受講
24週申し込むと2週フリー = 24週料金で26週受講
36週申し込むと3週フリー = 36週料金で39週受講


さらに、2009年のコースを2008年12月19日までに申込み、支払いを済ませると2009年の授業料が適用になります。

さらに、36週アカデミックイヤコース(実際は39週)を申し込むと、ヒースロー空港への送迎が無料になります。

Devon School of Englishの詳しい情報は、

http://www.mitsuba.co.uk/school/TQ11.html

イギリス留学のことなら、どうぞ、mitsuba associatesにご相談ください。

| | コメント (19) | トラックバック (1)

Buy One Get One Free

"Buy One Get One Free"   「ひとつ買ったら、2ヶ目は、ただ。」

イギリスのスーパーで、大流行のバーゲン オファーです。
このオファーがあるときは、忘れずもうひとつの商品をトロリーに入れておかないと大損です。

今週、大手スーパーのテスコは、一流ブランドのシャンプーをBuy One Get One Freeで特別オファーしていたので、私は、4本購入しました。 もちろん、2本分の料金で。

きょう、英語学校からも、そんな特別オファーが入ってきました。

Kingsway English Centreは、12月~2月末まで、「ウィンター特別オファー」として、流行の"Buy One Get One Free"にするそうです。

この間、一般英語または、ビジネス英語コースを1週申し込むと2週目が無料になります。 

Kingsway English Centreは、イギリスの中心部のウスター の中心部にあり、生徒数35人程の小規模校、フレンドリー、ハイスタンダードの英語学校です。 極少人数で授業が行われ会社派遣のマチュアーな生徒が多いのも特徴です。 

ウスターは、11世紀に建立された大聖堂と陶磁器、ウスターソースで有名な街です。 

★ バーミンガム空港からの送迎は、無料です。
★ Kingsway English Centreの2週クリスマス特別パッケージコースもお勧めです。

学校の案内、詳しい情報は、

http://www.mitsuba.co.uk/school/WR1.html

イギリス留学のことなら、mitsuba associaets にご相談ください。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年10月14日 (火)

留学エージェントの役割について

大手留学エージェント「ゲートウェイ21」が倒産したことが、大きなニュースになり、まだ、幾日も経っていません。 負債総額は約13億円で、そのうち留学予定者が前払いしていた約9.5億円が返還できない可能性があるという信じがたい事態になっているようです。

留学をするために、一生懸命アルバイトをして貯金をしてきた人たちもたくさんいるに違いありません。 若者の夢と希望を裏切る行為に対し、同業者として、怒りを感じ、本当に情けない思いでいっぱいです。

9月の最後の金曜日の夕方、私どものオフィスにゲートウェイ21を通して、カリフォルニアの英語学校に入学申込みをしているが、倒産したようだ。 週末からアメリカに行く予定だが、ホームステイの詳細が届いていない。 どうしたら良いでしょうという電話がありました。

倒産について、何もわからなかった私どもは、時差があるので、週末になるまで充分に時間があるから、直接学校に電話をして情報を得るのが一番ではないかと勧めました。 しかし、支払った留学費用がすべて留学先の学校に支払われていれば問題ないのでしょうが、ゲートウェイ21は、それを怠っていたようです。 

それにしても、留学業者の負債額が13億円になるなんて信じられないことです。

留学エージェントには、大きく2つのタイプがあります。

1)日本や現地に事務所があり、留学相談および手続き代行料をとり、留学費用を生徒から全額受け取り、手数料などを差し引いてから学校に支払うタイプ。

2)主にインターネットや電話で留学相談を受け手続きを代行するが、授業料は、生徒が学校に直接支払うタイプ。

1) のメリットは、直接出向いていって相談することができる。 エージェントの知名度が高い。(=通常は、信頼度が高い)  しかし、相談料が高い。(広告費用やオフィス代が高いので仕方ないこと。) 初めて留学をする方には、直接、何でも日本語で相談できるので安心。 場合によっては、ご両親も一緒に相談に行くことがきるので、なお安心など、たくさんの利点があります。

2) の場合、日本にオフィスを持たないこともあるので、信頼できる会社かどうかとても不安。 しかし、費用は、学校に直接支払うので、ゲートウェイ21のような事態にはならない。 通常は、エージェントには、何も支払わなくて良いので、経費を抑えることができるなどの利点があります。

どちらのタイプを選ぶかは、どのレベルのサポートが必要かなどにもよるかも知れません。

Mitsuba Associates は、イギリス、ケンブリッジ郊外にオフィスを持ち、日本人とイギリス人数名からなるいわゆる小規模フレンドリーな留学エージェントです。  上記 タイプ2)の留学エージェントになります。

日本からのご相談は、主にインターネットと電話で受け付けています。 留学中に、生徒のご両親から近況伺いの電話が入ることも多々あります。 病気になった生徒さんについて、日本のご両親と連絡をとらなければならないこともあります。 スタッフは、元日本人学校教職員が中心で、学校との交渉において、常に、生徒の立場に立って行っております。 もちろん、時には、生徒さんから常識に欠けるリクエストがあり困り果てることもありますが。。。

mitsuba associatesを通してお申込みになる方のタイプは、様々です。
ご自分でやってみたいけれど、心配なので、必要に応じてサポートして欲しい方。
完全に納得するまで、細かいところまで質問しながら、進めていく方。
完全におんぶしたい方など。

どんなタイプの方でもOKです。 留学エージェントは、とても地味な仕事です。

特に私どものような海外が拠点のエージェントは、現地の情報をいち早くキャッチし、日本人留学生が海外で安全で有意義に過ごすことができるよう、影で応援し続けて行くことです。

留学エージェントの倒産ばかりでなく、英語学校が倒産するケースもありますので、現地の情報は、とても重要になります。   Sels Collegeが倒産

留学のご相談は、どうぞ、mitsuba associates にお問い合わせください。


| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年6月 3日 (火)

Concorde Internationalが再び授業料をディスカウント

Canterbury_cathedral カンタベリーにあるConcorde International から通知があり、受講期間、2008年9月1日~2009年5月31日までの授業料を再び10%割引で提供することになったそうです。

ドル安のため、昨年からアメリカやカナダ留学が人気で、イギリスの英語学校は、ヨーロッパ諸国や韓国など景気の良い国以外からの留学生が少なくなりました。
 
一部のロンドンの格安校をのぞき、日本人留学生は、特に少なくなっています。 
日本人がいない環境で、本場の英語を学ぶには、理想的な状況と言えるかもしれません。
コンコルドインターナショナルは、イギリスで最も有名なカンタベリー大聖堂がある英国南東部カンタベリーの中心部にあります。 カンタベリーの町には、大学が2つあり、2万人以上の学生が住んでいます。
大聖堂をなどを訪れる観光客も多く、大きな町ではありませんが、ショッピングセンターやレストランなども充実していて、フランスが近いため、フランスの影響をうけた青空市もあり、短期でも長期滞在でも充分にエンジョイできる町です。

学校は、とてもフレンドリーで、設備もしっかりしていています。 
一般英語、検定コース、ティーチャートレーニングコース、英国大学進学準備コース、ファイナンス、法律、ツーリズムなど仕事に役立つ英語が学べるコースなどがあります。 
また、人気のワークエクスペリエンスは、とても親切にサポートしてくれます。 

Concorde Internationalの詳しい情報は、mitsuba associatesにお問い合わせください。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2008年4月28日 (月)

Tti School of Englishの特別オファー

Tti__school

Tti School of Englishは、ロンドンの北部カムデンタウンのハイストリートにある。 
学校は、カムデンタウンの地下鉄駅から徒歩数分、ロンドンの中心部まで地下鉄で20分ほどの便利なロケーションだ。

カムデンタウンは、若者に人気があり、今、ロンドンで最もエキサイティングなエリアのひとつだ。 Camden_lock_3

リージェント運河が流れ、カムデンロック(水門)ある。   ナローボートと呼ばれる細長い船を操る人が水門を閉開して、カムデンロックで水位を調整する。 

近くに、カムデンロックマーケットがあり、骨董から古着、雑貨、若者向けの衣類など、若者に人気のショッピングモールになっている。 Camden_lock_market
カムデンタウンの週末は、まるで、東京の渋谷のように若者でいっぱいになる。

Tti School of Englishは、生徒数150名ほどの中規模校。 一般英語、ビジネ英語、ケンブリッジ検定、IELTSコースなどを提供している。

放課後は、自習室で勉強をすることもできるし、ラウンジで、コーヒーを飲み、リラックスしながら、会話の練習をすることもでる。 コーヒーもティーもインターネットも無料! 

スタッフは、熱心でフンレンドリー。  ビザの更新、ワークプレースメント、旅行、銀行口座開設などのお手伝いもしてくれる。 

Tti School of Englishの人気は、ロケーション以外に、アコモデーションのチョイスが多いことにある。  ホームステイが比較的学校に近い。 セルフケータリングのレジデンス(ハウスシェアなど)をたくさん所有しているなど。

さて、Tti School of English は、ディレクターのブライディさんややマーケティングの担当のジュリアン氏らとの話し合いで、Mitsuba Associatesを通して申し込んだ生徒に、下の特別オファーを提供してくれることになった。

一般英語コースを
 ●12週の料金で13週受けることができる。 
 ●24週申し込むと、追加で2週無料で授業を受けることができる。
 
 
●36週申し込むと、追加で2週無料で授業を受けることができる。

Tti School のスペシャルオファーについて、および学校の受入れ状況や詳しい情報は、Mitsuba Associates までお問い合わせください。

www.mitsuba.co.uk/uk

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年3月17日 (月)

特別オファー 聖パトリックスデーを記念して

3月17日は、聖パトリックスデー。 アイルランドにキリスト教を広めた聖人 セント パトリックの命日で、アイルランドでは、祝日になっている。 この日に、アイルランドの移民が多いニューヨークはじめ、世界各地で聖パトリックスデーのパレードがある。

このあたりでは、今年は、17日は月曜日のため、週末にパブでアイリッシュミュージックのバンドが入ったりして、にぎやいだとことろも多い。

しかし、週末は、6カ国ラグビーの試合で、イングランドとアイルランドの対戦があり、アイルランドが負けたので、いつもほど騒がしくなかったかも知れない。 ウェールズは、フランスと対戦し、グランドスラムで優勝した。

さて、本題、アイルランドの聖パトリックスデーを記念して、今日は、ダブリンの英語学校で、日本人生徒に特別オファーを提供している学校を紹介したい。

Horner School of Englishは、首都ダブリンのシティセンターにある家族経営のフレンドリーな学校。 少人数制で、一般英語、検定英語、ビジネス英語コースなどを提供してる。 

下は、週20レッスンのスタンダード コースを5週以上申し込む日本人生徒に適用される特別オファー。 

「2008年週20レッスンのスタンダードコースを5週以上申し込むと、 一部、週26レッスンのスタンダードプラスにアップグレードになる」

  • 5週     → 2週分アップグレード
  • 6~7週  → 3週分アップグレード
  • 8~9週  → 4週分アップグレード
  • 10~11週 → 5週分アップグレード
  • 12~19週 → 6週分アップグレード

   20週以上の申込みには特別料金が適用される。

アイルランド人は、お話好きでとておもフレンドリーな国民。 必ず話しかけてくる。 シャイな日本人が英語を練習するには最高の国といえるかも。 また、ヨーロッパで、最も教育水準の高い国だ。 

ところで、サーチエンジン グーグルのトップページは、行事にあわせて、イメージが変わるので楽しい。

今日のイギリスのグーグルは、St. Patrick's Dayを記念して、シャムロックになっている。 日本のグーグルは、変わっていないようだが。

Stpatricks_08

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2008年3月 5日 (水)

Sels Collegeが管財人の手に

ロンドンの中心、コベントガーデンにある語学学校、セルズカレッジ Sels Collegeが、2月29日(金)に破産管財人の手に渡りました。 

大変突然のことで、3月3日、月曜日に登校した生徒は、English UKの職員から手紙を渡され、Sels Collegeで授業を継続することが出来なくなったので、3月5日(水)の9時にBloomsbury International に集合するよう、言い渡されたそうです。

English UKは、大学付属も含むイギリスの340の語学学校が加盟する英語学校同盟です。

English UKの説明によれば、学校の建物のリースの件で、訴訟を起こしていましたが、負けたことが原因で、金曜日の晩に管財人に渡る結果になったそうです。

Sels Collegeの校長先生のYunis 氏は、弁護士の資格もあり、とてもこだわりのある教育熱心な方で、私たちも、長い間、お付き合いをしてきましたので、大変驚いております。 また、完全な信頼のもとに、たくさんの方を紹介してきました。
少人数制授業とロンドンの中心部に位置しているにもかかわらず、ホストファミリーが学校に近いのは、特に評判でした。

在学生の中に、私どもを通して入学した生徒が2名いましたが、English UKが別の学校をアレンジしてくれることと、ホームステイ代についても支払ってくれるということで、とりあえず安心しました。

また、mitsuba associatesを通して、これから通う予定になっている生徒が、1人おりますが、私どもでは、現在、English UKと話し合いを進め、良い結果が出ることを期待しております。 

昨年のポンド高で、英語学校の生徒数が減少し、経営難になっている学校もあります。 今後の留学について、ご心配の方は、どうぞ、mitsuba associates にご相談ください。

現在、他に学校の閉鎖について、私どものところに知らせが入っている学校に、ELT Clapham, London があります。 こちらは、今年5月に完全閉鎖ということですので、1月中ごろに受け入れをストップし、全員終了するまで生徒の面倒を見ていくそうですが、すでに、生徒数は、数名になっているようです。

また、カナダでは、Language Exchange, Torontoが、昨年12月4日をもって閉鎖になりました。

mitsuba associates
www.mitsuba.co.uk

報告 (その後)

mitsuba associatesを通して、Sels Collegeに4月12日から36週申し込んでいたKさんは、倒産のニュースが入ったときには、すでに学校に授業料を全額支払っていました。

しかし、Kさんが、まだ、渡英していないため、English UKは、この授業料について保証することができないので、留学保険でクレームするよう通達を受けました。 Kさんは、留学保険に加盟していませんでした。 

若いKさんが、イギリス留学のために一生懸命アルバイトをして貯めてきた大金を失うことがない様、私どもでは、いろいろな機関、学校と相談、交渉し、最終的に、English UKのメンバー校にお願いして、全期間、新たに授業料を支払うことなく受け入れていただくことになりました。

ハッピーエンディング。。。。皆、ホットしました。

追記

日本の旅行保険は、破損、事故などは、カバーされているようですが、授業料に対する保険はないところが多いようです。

イギリスは、何でも保険をかける国です。 授業料の払い戻しの保険を提供している英語学校もありますので、ご相談ください。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 1日 (土)

New School of Englishのスペシャルオファー

New School の校長先生のTim Hedger氏から電話があり、ポンド高が影響して、昨年から日本人生徒がめっきり減ってしまったため、Mitsuba Associates を通して申し込んだ方に、特別オファーを提供してくれるということです。 今年になって、日本円は、かなり回復していますので、さらによいチャンスです。

オファーは、「3月末までに申し込んだ生徒に関して、3週の料金で、4週の授業を提供」  ただし、このオファーは、夏の間の申込みに関しては、適用されません。 詳しくは、mitsuba associatesと確認してください。

たとえば、一般英語コースの4週料金は、通常、£720ですが、£520になります。 

Nse New School of Englishは、 ケンブリッジの中心部のショッピングセンターとケンブリッジの電車の駅のちょうど中間地点くらいの静かな通りにあり、とても便利なロケーションです。 

ビクトリア朝の建物を改装した学校は、中規模で、設備もしっかりしています。 

一般英語はじめ、オプションのあるスタンダードプラスコース、検定準備コース、プロフェッショナルのための英語などがあります。 

ソーシャルプログラムは、特に豊富に組まれていて、週末のエクスカーション初め、放課後の様々なアクティビティも企画されています。 スタッフは、皆フレンドリーで、生徒と先生が親しいのも特徴です。 

ホームステイは、ほとんどがバスで10分くらいのところにありますが、ケンブリッジの学生は皆自転車を借りて学校に通います。  ケンブリッジの英語学校の中では、特に、ホームステイの質にこだわっている学校です。

ケンブリッジは、13世紀に始まった学園都市です。 ケンブリッジ大学は、31のカレッジからなり、キングズカレッジ、クイーンズカレッジ、トリニティカレッジなど、歴史的な大学の建造物が散在しています。 

New School of Englishの特別オファーについて、詳しいことは、mitsuba associatesまでお問い合わせください。

www.mitsuba.co.uk/uk





| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年2月20日 (水)

霧のケンブリッジ

昨日、日本からお客様があり、ケンブリッジのAnglia Ruskin UniversityとCambridge Regional Collegeを案内しました。

ケンブリッジも霧の濃い一日でした。

Kings_college写真は、"The Copper Kettle"というレストランからキングスカレッジのチャペルを撮ったものです。

The Copper Kettle は、古いイギリスの情緒あるティーハウスでしたが、いつの間にか、モダンな内装のトルコレストランに変わっていてとても寂しい気がしました。 しかし、今でもケーキのセレクションは、豊富です。


Anglia Ruskin University には、インターナショナル部門があり、まだ、他の大学ほど大きな部門ではありませんが、EU以外の国からの生徒を受け入れています。

EFLコースは、学期ごとの受け入れで、一般英語、検定英語はじめ、英語プラスで、ビジネス、技術系などニーズに応じた専門英語のコースも充実しています。 
もちろん、英国の大学入学のための英語の準備コースは、もっとも専門とするところです。

最近キャンパスの一部を改装しており、明るくモダンで充実した設備でキャンパス中に活気を感じました。
特に、新しいコンピュターの豊富さには、感銘しました。  ライブラリーとコンピュタールームは、24時間オープンしているそうです。

写真は、ARUのライブラリーとEFL担当のニック氏

Aru_libraryN_hillman_2










Cambridge Regional College (CRC)は、ケンブリッジのサイエンスパーク近くにあり、近くに住宅が多いため、ホームステイが、徒歩圏内にあるのがとても便利です。

CRCは、16歳プラスの生徒を対象とした公立カレッジですので、GCSE、Aレベルはじめ、一般科目と、ボケーショナルコース、つまり仕事に直結する資格コースが豊富にあります。 ボケーショナルコースの多くは、ワークエクスペリエンスが組み込まれたコースです。

アート&デザインコース、街の中心部にあるモダンなキャンパスで行われているホリスティックセラピー、アロマセラピー、、ビューティセピーコースは、特に自慢のコースだそうです。

インターナショナル部門には、1000人の生徒がいて、EFLコースを経て、各種資格コースに進む生徒がたくさんいます。

EFLコースは、ケンブリッジ最大で、年中開講されていています。 資格コースへ進むための特殊英語コースも充実しています。 英語プラスコースのプラス科目は、カレッジが行っているコースすべて可能だそうです。

写真は、インターナショナル部門主任のDr.WakefieldとスポーツホールのGYM

Dr_wakefield

Crc_gym_2











ケンブリッジ留学のことなら、どうぞmitsuba associates にお問い合わせください。




| | コメント (2) | トラックバック (0)