2012年7月30日 (月)

ロンドンオリンピック

いよいよロンドンオリンピックが開幕しました。Olympics_opening_ceremony

7月27日の晩、オリンピックスタジアムに200以上の国の選手が集まり、開会式が行われました。

開会式のテーマソングは、"Isles of Wonder"

巨額を投じた4年前の壮大な北京オリンピックの開会式には、とうていかなわないだろうと、イギリスの文化と歴史と伝統を駆使して、映画監督ダニー・ボイル氏が手掛けた舞台劇とポップコンサーを一緒にしたオープニングのショーは、大好評でした。

メリーポピンズ、ミスター ビーン、産業革命から、イギリスのNHS、さらに007のジェームスボンドを演じるダニエルクレイグが、エリザベス女王をエスコートするなど、まさに、英国ならではのユーモア交じりの華やかさで、フィナーレの花火まで、すっかり楽しませてくれました。

私は、オリンピックのティケットは、一部抽選だったり、希望の種目のティケットがなかなか入手できないなど、ちょっと複雑だったので、すぐにあきらめ、テレビで観戦するつもりでした。

しかし、とてもラッキーなことに、開会の数日前に、初日の総合馬術の馬場馬術(ドレッサージュ)のチケットを頂いたので、オープニングの翌日の土曜日は、早朝から、オリンピック観戦に友達とロンドンにいってきました。

馬術は、海事都市、マリタイムグリニッチとして世界遺産に指定されているグリニッチにあるグリニッチパークで行われています。

グリニッチパークの高台にあるグリニッジ天文台からナショナルマリタイムミュージアム(国立海事博物館)を見下ろし、世界の時刻の基準となるグリニッジ天文台を通る子午線延長線上に設置された大きな馬場馬術のアリーナ。

テムズ川対岸のロンドン ドックランドの高層ビルを背景に、それは、見事なセッティングです。

ドレッサージュ観戦の合間に、クロスカントリーコースを歩き、天文台のところまで上り、ロンドンを一望しました。Greenwichpark

マリタイムグリニッチとして、世界遺産に指定されている、テムズ川沿いのグリニッチは、海事博物館、天文台、カティーサーク号はじめ、グリニッチマーケット、たくさんのカフェやレストランがあり、グリニッチ大学が一部を利用しているクリストファー・レンがデザインした旧王立海軍大学の歴史的建造物などなど、ロンドンの中心部とは違うロンドンを味合うことができます。 しかも、DRL(ドックランドレイル)で、ロンドンの中心部まで20分ととても便利です。

そんな、グリニッチに ISIS School of EnglishEmbassy CES あります。

ISIS Greenwich は、グリニッチの中心部にあり、改装工事が終えたばかりの、モダンなキャンパスです。 もともと家族経営のフレンドリーな学校です。  

Embassy CESは、ファンデーションコースを行っているBellebys College とキャンパスをシェアする、近代的で大きなキャンパスです。

英語学校、大学ファンデーションコースのお問い合わせは、mitsuba associates まで。

Greenwich

| | コメント (29) | トラックバック (0)

2012年7月 8日 (日)

ウィンブルドンテニス選手権大会

悪天候続きのイギリスだが、アウトドア行事が次々に展開されていく中、
今週末は、2週にわたり行われてきたウィンブルドンテニス選手権大会の決勝戦となった。

土曜日の午後、いつも、どこかで何かをしている自分だが、天気も悪いので、久しぶりにテレビの前で、女子シングルの決勝を観戦した。 (7月7日 土曜日)

幸運にも、ウィンブルドンでは、まだ雨になっていなかった。

アメリカのセリーナ・ウィリアムズ(30才)がポーランドのアグニエシュカ・ラドワンスカ(23才)を破って2年ぶり5度目の優勝を果たした。

セリーナのお姉さんのビーナス・ウィリアムズもウィンブルドンのシングルを5回第優勝しているので、姉妹で過去12年の間に10勝したことになる。

30代の優勝は、1990年のマルチナ・ナブラチロワ以来ということらしいので、テニスがいかにスタミナのいるスポーツかということだ。

セリーナは、けがに続き肺血栓で約1年間休養していたので、優勝の喜びは、格別だっただろうし、また、それを乗り越えてきたセリーナの精神力は、並のものではない。 試合後のビーナスらと抱き合って喜んでいた。 

土曜日の晩に行われたダブルスの決勝戦でも、セリーナとビーナスのコンビが5度目の優勝を果たした。 

どのスポーツも同じかも知れないが、選手のマインドがパフォーマンスと結果に大きく影響する。 特にテニスのシングルの試合では、観戦していてそれが良くわかるので、面白いのかも知れない。

今日のアンディー・マリーとロジャー・フェデラーの男子決勝戦でも、25才のアンディーがどれだけ、精神的成長を遂げたか観るのが楽しみだ。

Serenawilliamswimbledonsemifinal_27 (写真は、Sportinglife HPから)

ところで、ウィンブルドンには、Wimbledon School of  Engilsh, CES Wimbledon, Milner School of English, Wimbledon Academy of English などの英語学校がある。

ウィンブルドンは、治安が良く、ロンドンの中心部までも便利なことから人気のロケーションで、どれもお勧めできる英語学校だ。
特に、Wimbledon School of English は、毎年イギリスの英語学校のトップにランクしていて定評がある。

留学のお問い合わせは、mitsuba associates まで。

 

| | コメント (31) | トラックバック (0)

2012年6月30日 (土)

ダイヤモンドジュビリー

エリザベス女王の即位60年を記念して、イギリスでは、6月はじめに「ダイヤモンドジュビリー」が行われました。

今年86歳の女王陛下を称え、英国旗ユニオンジャックを掲げ、英国中でたくさんのイベントが繰り広げられました。

4連休となった祭典は、6月2日(土)エプソム競馬場で行われたダービーで始まりました。
競馬が大好きなエリザベス女王にとって、最もふさわしいスタートとなりました。

日本の某雑誌のコラムを書くのに、ダービーを観戦して来ました。 

メゾソプラノの美人歌手キャサリンジェンキンズの国家詠唱で始まったダービーデー。
13万人の観衆がエプソム競馬場に集まり、ダービー馬への期待感とジュビリーセレブレーションムードで場内は、例年にも増して盛り上がっていました。

翌日のテムズ川のバジェントはあいにくの天気でしたが、15~16世紀のコロネーションをまねた水上のセレブレーション。 テムズ川バテシーに1000隻以上のボートが集合し、タワーブリッジまで下りました。

そして、バッキンガムパレスからセントポール寺院までの馬車のパレートは、イギリスならではの壮麗な光景でした。

最後にバッキンガム宮殿前、ビクトリア女王の銅像の周りに設置されたステージを囲む大観衆を前に世紀のポップコンサートが行われ、豪華な花火が打ち上げられると、ダイヤモンドジュビリーは閉幕となりました。

エリザベス女王が君臨して60年。

ちょうどトラファリガースクエアからストランドに向かうシルバージュビリーの馬車のパレードを見る観衆の中にいた留学中の自分を昨日のことのように思いだします。

本当にあっという間に時間がたってしまいましたが、

エリザベス女王に

Hip Hip Hooray!

Hip Hip Hooray!

Hip Hip Hooray!

Dscn0952

ダービー前のパドックで馬を見る女王陛下

| | コメント (24) | トラックバック (0)

2011年6月25日 (土)

ナショナルガーデンスキーム

The National Gardens Scheme といい、個人の庭を一般にオープンして、その入場料をチャリティーに寄付するという、とても素敵なガーデン オープン スキームがある。

1927年に、クイーンズ看護学院の看護婦さんたちの資金を集めるのに始まったチャリティーらしいが、初年度、609のガーデンがオープンして、£8000集まったそうだ。

今年は、3700の庭がオープンする。

ナショナルガーデンスキームは、毎年"The Yellow Book"という本を出版し、オープンガーデンの日程とロケーションの案内をしている。The_yellow_book

イエローブックは、オンラインでも購入することができる。

http://www.ngs.org.uk/shop-online/product.aspx?id=30

地域別のイエローブックの小冊子は、ガーデンセンターやツーリストインフォメーションなどに無料でおかれている。

The National Gardens Scheme のHPは、
http://www.ngs.org.uk/

オープンガーデンを検索するできる。

"ジューンガーデン"
イギリスの6月の庭は格別だ。

といっても、今年は、4月、5月と好天が続いたため、例年より、2/3週早く開花し、
イングリッシュストロベリーの出荷も早かった。

6月になって、雨が降り、焼けた芝も回復し、深い緑のガーデンは、今、一番見事な時だ。 

Garden

| | コメント (84) | トラックバック (0)

2011年4月30日 (土)

ロイヤルウェディング&ケンブリッジ公爵夫妻誕生

4月29日(金)、ケイト ミドルトンさんとウィリアム王子の結婚式がウェストミンスター寺院で行われた。

29日は、世紀のロイヤルウェディングを国民皆で祝うことができるよう、特別にパブリックホリデーとなった。

そして、この日、イギリスは、何もかもがストップした。
戦争、天災、政治、すべてを忘れ、ウィリアム王子と一般家庭で育ったケイトさんのフェアリーテール ウェディングを国民を上げて祝った。 

BBCテレビは、朝6時から、バッキンガム宮殿、ウェストミンスター寺院、ミドルトン ファミリーが滞在するゴーリング ホテルあたりの様子、ザ マルでパレードを見るために早朝から集まり始めた観衆の様子などを報道した。 
2500万人がテレビでロイヤルウェディングを観たという。 Sany0037

もちろん、皆が何より注目していたのは、ケイトさんのウェディングドレス。
秘密が守られていたウェディングドレスのデザイナーは誰か?

いっそうスリムになっていたケイトさんは、アレキサンダー マックイーンのデザイナー、セーラ バートンがデザインした、肩から手首までレースがほどこされたロングスリーブのドレスで、お父様とウェストミンスター寺院にベントリーで到着した。

ロイヤルウェディングの招待客は、ロイヤルファミリーはじめ、政府要人、海外の王室、ウィリアム王子がかかわるチャリティーの関係者や、英空軍の仕事仲間、べッカム夫妻らセレブなど約2000名ほど。 寺院に到着する招待客のドレスや帽子を観てるだけでも十分に楽しい。Sany0050_3

式の後、ウィリアム王子とケイトさん(BBCは、キャサリンと呼んでいた。  そのほうがふさわしいから)は、1902年にエドワード7世の命で作られたという赤と金色の馬車で、バッキンガム宮殿に移動した。 馬車は、1981年のチャールズとダイアナ妃の結婚式にも使われた。 

そして、赤い軍服のウィリアム王子とキャサリン妃は、ダイアナ妃とチャールズ王子がキスを交わしたバッキンガム宮殿のバルコニーで、観衆のリクエストに応え、2回キスを交わした。 

1997年、15歳のウィリアム王子が母ダイアナ妃のお葬式Sany0059_3の日、ダイアナ妃の棺の後ろを、弟のハリーとチャールズ王子、スペンサー卿と歩いてパレードした時のシャイなウィリアム王子の笑みが忘れられない。 

あの日と変わらない、やさしい笑みを見せるウィリアム王子。 
ずっと英国民が見守ってきたアイドルのウィリアム王子と、平民で美しいケイトさんの結婚式は、無事終えた。
英国民が心から祝福できるロイヤルウェディングだった。

ロイヤルウェディングの日、新郎新婦に新しい称号を与えるのが慣習になっている。
エリザベス女王は、この日、ウィリアム王子とキャサリン妃に、ケンブリッジ公爵、公爵夫人の称号を与えた。

Duke and Duchess of Cambridge

ウィリアム王子は、His Royal Highness The Duke of Cambridge
キャサリン妃は、 Her Royal Highness The Duchess of Cambridge

Duke and Duchess は、貴族のランクでは、一番高い称号だ。   

| | コメント (49) | トラックバック (0)

2010年3月16日 (火)

母の日

3月14日(日)は、母の日でした。

日本は、アメリカと同じで、5月の第2週が母の日ですが、イギリスは、イースターの前のレントという期間が始まって4週目の日曜日が母の日になります。

母の日は、Mother's Day または、Mothering Sunday といいます。

レントは、イースターの始まる前の40日間のことですが、日曜日は含まれません。 
昔、イエスキリストが砂漠で何も食べずに1人で過ごした40日間を思う期間です。 
今でも、何か絶つ習慣があります。 
レントは、パンケーキデーとしてしられるシュローブチューズデーの次の日に始まります。

Mothering Sundayは、教会で特別礼拝があります。

Mother's Day には、お母さんにカードとお花などプレゼントをしますが、
お花は、カーネーションに限らず、好みのブーケをあげるのが一般です。

今年、私は、子供からではなく、若いお友達の女性らからプレゼントをいただいてしまいました。 

Sany1275_2

| | コメント (34) | トラックバック (0)

2009年11月19日 (木)

イギリス議会始まる

11月18日、イギリスの議会が始まった。

イギリスの議会は、女王陛下によって召集されるが、"The State Opening of Parliament" といって、カラフルなセレモニーが行われる。

女王陛下の馬車の行列は、バッキンガムパレスから国会議事堂 "House of Parliament"のウェストミンスター パレスへと向った。

イギリスの議会は、House of Lords(貴族院/上院)とHouse of Commons (庶民院/下院)からなるが、オープニングセレモニーは、貴族院で行われる。

女王陛下の行列が、国会議員が集まった貴族院の大きな扉を3回、ブラックロッド (黒い杖)でノックすると扉が開けられる。 チャールズ1世が、予告なしで、議会に飛び込み5人の議員を逮捕したことから始まった儀式だそうだ。  

オープニングセレモニーの注目は、"The Queen's Speech" で、女王陛下が、今議会で決議されることを読む。 このスピーチは、政府が準備したものだが、今年は、景気回復について、金融界のボーナスシステム改正、アフガニスタンのことなどについてだった。

今年は、6分半と例年より少し短いスピーチだったそうだが、83歳とは思えない女王陛下は、まさにクイーンズイングリッシュで読みあげた。
ご即位52年のエリザベス女王は、アンドリュー王子とエドワード王子を妊娠していた2回を除くすべての年の議会のオープニングの儀式を行ってきたそうだ。 

下のYoutubeで、スピーチを聞くことができる。

総選挙では、現政権の労働党が負け、保守党政権に戻ることが予想されている。

まもなく、女王陛下は、新しいイギリス首相を指名する儀式を行うことになるのだろうか。

アカデミー主演女優賞を受賞したヘレン ミレンが演じた「クイーン」という映画を思い出す。
ダイアナ妃の事故の頃の、エリザベス女王を描いた映画で、若き日のトニー ブレア首相が女王陛下に召集されたシーンがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

ロードメイヤーズショー

11月14日(土)は、雨と強風の最悪の天候だった。

この日、ロンドンのシティ City of London では、恒例の Lord Mayor's Show が行われた。 幸運にも、ギルドホールから、朝11時にパレードが出発したときには、雨は上がっていた。 しかし、夕刻からおこなわっる予定だった、恒例の壮観な花火大会は、強風のためキャンセルとなった。

ロードメイヤーズショーは、ロンドンの市長就任パレードで、カラフルなパレードに魅せられ、たくさんの観光客が集まる。 
ロンドン市長は、1年限りの名誉職だが、今年は、682代クリス アンストリー氏が就任した。

パレードは、1215年にジョン王が市民に毎年市長を選出する権利を認めたことに由来しているそうだ。 「英国王への忠誠を誓う」という考えのもと、新たに就任したロードメイヤーは、シティから英国王のいるウェストミンスターまでの5kmの道のりをパレードした。

ロードメイヤーの乗る金馬車は、250年前に作られたもので、通常は、博物館に展示されているそうだ。 

ロードメイヤーズショーのHP
http://www.lordmayorsshow.org/

ロンドンは、一般にグレーターロンドンと呼ばれる32の行政区からなるロンドンをさす。 グレーターロンドンを統括する市長は、4年ごとの選挙で選ばれ、現市長は、ボリスジョンソン氏だ。 

新ロンドン市長(ボリスジョンソン)
http://england.cocolog-nifty.com/news/2008/05/post_82a4.html

グレーターロンドンのど真ん中にあるシティオブロンドンは、独自の自治体になっている。  シティポリースと呼ばれる独自の警察組織もある。 
 
 "City of London"は、"The City" とも呼ばれるが、イングランド銀行はじめ、大手銀行、株式取引所、保険会社などが密集する金融の中心になっている。

今年のロードメイヤーズショーの様子は、下のYoutube で見ることができる。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年10月28日 (水)

もう冬時間

すっかりブログのアップデートを怠っているうちに、サマータイムが終わり、また、ウィンタータイムになってしまいました。

イギリスの秋冬の夜長は、ブログの更新に精を出すのが一番かも知れないと思い直しています。

春から夏にかけて、イギリスのビザ法が変わり大混乱になったこと。 
夏の間に、いろいろ新しいことを始めましたので、それらについて、これからじっくり書き始めて行きたいと思っていますので、またよろしくお願いいたします。

さて、雨が降らず好天が続いたイギリスの9月。  10月はじめ頃は、すっかり赤茶けてしまった芝も、今では、すっかり回復し、緑の芝に紅葉した落ち葉がコントラストして、あちこちで、美しい秋景色を見ることができるこのごろです。

とりあえず、今日は、近くの紅葉の写真を上げておきます。

Chippenham_lodge  Stsimon_stud

Chippenham_park

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年1月26日 (月)

バーンズナイト

1月25日は、Burns Night [バーンズナイト」といわれ、スコットランド、イギリス、いやスコットランド人のいるところなら世界中どこでも、ロバート バーンズの誕生を祝い、バーンズサパーを食べて、ロバートバーンズの詩を朗読し、スコティッシュダンスを踊り、スコッチウィスキーを飲んで楽しみます。 

今年は、スコットランドの18世紀の詩人ロバートバーンズの誕生からちょうど250年です。 「麦畑」や「蛍の光」など、ロバートバーンズの詩は、日本でも親しまれています。 

バーンズナイトは、バグパイプの音にあわせ、3本の羽がさされた「ハギス」が入場し、「ハギスに捧げる詩」を歌い、ハギスにナイフをいれる儀式で始まります。 

ハギスは、ハイランド地域にいる、スコットランド伝説の生物でもありますが、お料理のハギスは、羊の内臓とオーツ、たまねぎなどを胃袋につめたかなり癖のある大きなソーセージのようなものです。

伝統的なバーンズサパーは、コッカリーキースープ(チキンとリークのスープ)の次に、ハギスとスウィードとポテトのマッシュにグレービーソースをたっぷりかけたメインディッシュ、そしてデザートは、クラナカンというウィスキー味のラズベリー入りトライフルです。

食事の後は、スコティッシュダンス。 アルコールが入っているせいか、かなり激しいダンスになります。

腕を組んで「蛍の光」を歌い、楽しいバーンズナイトは終わります。

下は、私の住む村で行われたバーンズナイトの写真です。
牧師のマイクが詩を朗読し、儀式を行うところです。 踊っているのは、牧師ご夫妻です。

   Burns_night_vicar_3Burns_night_dance_2



| | コメント (1) | トラックバック (0)