2011年1月 3日 (月)

VAT(付加価値税)が20%に

明けましておめでとうございます。

イギリスは、新年早々、VAT(Value Added Tax)付加価値税率が、現在の17.5%から20%にあがる。

付加価値税は、物品やサービスに課税する間接税で、いわゆる一般消費税のことだが、食品や子供服などにはかからない。 

1月4日からVATが20%に上昇することもあり、クリスマスの後の恒例のウィンターセールは、例年にも増して、ショッピングラッシュだった。 

すでに燃料税は、1月1日から上昇しているので、明日のVAT上昇とダブルパンチになる。

昨年のこの時期の平均ディーゼル価格は、1リットル£1.0956,  現在は、£1.283だ。 今晩から、さらに、2.5%アップする。

私も、今朝のうちに、満タンにしておこう。

益々、物価が上昇し、住みにくいイギリスだが、円高が続き、日本からの旅行者や留学生たちには、あまり影響ないかも知れない。
それに、イギリスで買ったものは、帰国時にVATの払い戻し申請を受けることができる。

4月末には、ウィリアム王子とケイトミドルトンさんがウェストミンスター寺院で結婚式を挙げる。

暮れに、エリザベス女王のもう1人の孫、馬術選手のザーラ フィリップスとラグビー選手のマイク ティンドールも婚約を発表した。

2011年、イギリスでは、ロイヤルウェディングが2つある。
とてもめでたい年だ。

歴史に残る2011年。
良いことがたくさんある年に違いない。

A Happy New Year !

クリスマスホリデーで、お問い合わせメールの返信が滞り、ご迷惑をおかけしていますが、明日1月4日から、通常の営業時間に戻ります。

今年もよろしくお願いいたします。

mitsuba associates

| | コメント (210) | トラックバック (0)

2010年11月24日 (水)

ロイヤルウェディング

世紀のロイヤルウェディングは、2011年4月29日(金)。

ウィリアム王子とケイトミドルトンさんの結婚式の日取りが発表されました。

キャメロン首相は、この日を国民が祝うため祝日とすることに決め、5月2日(月)のバンクホリデーまで、4連休になります。 

ちょうど、日本のゴールデンウィークと重なりますので、英国のロイヤルウェディングのセレブレーションに加わりたい方は、早めに航空券を手配しておくことをお勧めします。

ウェストミンスター寺院が結婚式場として選ばれました。

ちなみに、1981年のチャールズ王子と故ダイアナ妃の結婚式は、セントポール寺院。 1997年にダイアナ妃のお葬式が行われたのは、ウェストミンスター寺院。 あのときのウィリアム王子のあどけない顔を思い出してしいます。

お式には、2000人ほど招待するそうですが、招待者リストは、ウィリアム王子とケイトさんが作成するそうです。
結婚式の費用は、警察のセキュリティーにかかる費用は国費で、それ以外は、すべてチャールズ王子とケイトさんのご両親が負担することになるそうです。

ウェディングドレスのデザイナーは?
ウェディングリストは?
楽しそう!

イギリスは、今、景気に影響されることなく、結婚式ブームです。 
来年は、ますます結婚式を挙げるカップルが多くなるかも知れません。

mitsuba associates が、今年、イギリス人のウェディングコーディネーターと組んで新たに始めた企画のひとつに、ウィンザーで結婚式」があります。 もちろん日本人カップルのためのお式"Blessing"です。

Blessing は、英国王室の別宅のウィンザー城の側にあるウィンザー ギルドホールで行われます。 チャールズ王子とカミラ夫人(現コーンウォール公爵夫人)やエルトンジョンがお式を挙げたところです。 

お式の後は、ウィンザー城を背に馬車でウィンザーグレートパークを抜けて、クリーブデンハウスホテルに移りロマンチックな時を過ごします。

ご興味のある方は、どうぞ、mitsuba associates の富岡までメールでご連絡ください。

info@mitsuba.co.uk

Windsor_2 Windsor Great Park & Windsor Castle

Windsor_guild_hall_2 Guildhall in Windsor

Cliveden Cliveden House

| | コメント (24) | トラックバック (0)

2010年11月23日 (火)

ウィリアム王子が婚約発表

11月16日、ウィリアム王子は、セントジェームスパレスで報道陣を前に、ケイト ミドルトンさんとの婚約を発表しました。

28歳のウィリアム王子とケイトさんは、スコットランドの名門セントアンドリュース大学時代にお付き合いをはじめ、8年間の交際を経て結婚発表に至りました。

婚約指輪は、ウィリアム王子にとってもっとも大切な故ダイアナ元妃の大きなブルサファイアとダイヤモンドの指輪で、1981年にチャールズ皇太子が婚約指輪としてに贈ったもの。

ウィリアム王子は、お母さんの故人ダイアナ妃を忘れていないことの証として、この日を一緒に祝ってほしいからこの指輪を送ることにしたと述べていました。 
 
3週前にホリデー中のケニアでプロポーズしたそう。 
プロポーズするまでの3週間、指輪をなくさないように気をつけながら、リュックサックに入れて持ち歩き、ケイトさんに渡す機会をうかがっていたと述べていました。

結婚式の日取りは、まだ決まっていませんが、来年の春から夏にかけて、おそらく4月末ごろになるのではないだろうかと報道されています。

ケイトミドルトンさんは、普通の中産階級の出身。 お父様は、通販の会社を経営し、ケイトさんも会社のお手伝いをしていました。

王室初めての平民の出身のプリンセスになります。

とてもリラックスした幸せそうなカップルは、21世紀の王室のあり方にぴったりといえるかも知れません。

チャールズ王子は、"Old Fashioned" 過ぎるので、エリザベス女王の後は、ウィリアム王子が継承したほうが良いと思っているイギリス人が多いようです。 

2011年春の結婚式に向けて、イギリスの経済は潤い、結婚式を見るために世界中からたくさんの観光客が集まってくることが予期されます。

歴史に残る今世紀イギリス最大のセレブレーション。

ぜひ、この時期にイギリス留学を計画されてみてはいかがでしょう。

特別企画は、misuba associates にお任せください。

Kateandwilliam Kate_ring  

| | コメント (26) | トラックバック (0)

2010年5月14日 (金)

ハング パーリアメント

5月6日に行われた総選挙で、どの政党も過半数議席をとることができず "Hung Parliament" となった。

イギリスの議会総数は、650議席。  政権をとるには、過半数の326席必要になる。 

しかし、第1党の保守党は、309席を確保。 第2党の労働党は258席。 第3党の自由民主党は、57席と、いずれも過半数に満たなかった。

保守党党首デービットキャメロンは、自民党党首のニッククレッグ氏と話し合い、連立政権を樹立することに合意した。

5月11日、保守党のデービッドキャメロンが新首相となり、13年ぶりに政権交代が実現した。

キャメロン新首相は、自由民主党のニッククレッグ党首を副首相に指名し、自民党から他に4人が入閣し、Coalition Government 連立政権がスタートした。

敗北した労働党党首のブラウン首相は、11日、家族とダウニングストリートを去った。   

キャメロン氏は、43歳。 1812年に42歳で就任したジェンキンソン氏以来、最も若い首相だそうだ。 

名門パブリックスクールのイートン校出身で、オックスフォード大学時代は、裕福なものだけが所属するバリンドンクラブに所属していたそうだ。

イギリスが今もっとも必要としているのは、経済的な建て直しだが、保守党中心の政権に戻り、社会的にも文化的にもイギリスのアイデンティティーを再確立し、古き良きイギリスが少しだけ、戻ってくることをひそかに期待している。

Gordoncameroclegg

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2010年1月 7日 (木)

冷え込むイギリス

イギリスは、今、50年ぶりの寒波に見舞われているそうだ。

昨年12月の中ごろに大雪が降り、交通機関などマヒ状態になったが、寒さは、そのまま続き、年明けてからも、各地で大雪が降り続いている。

特に昨晩は、スコットランド、英国北部、ウェールズに加えて、イギリス南部でも大雪になり、今日は、ガドウィック空港も閉鎖になった。 (1月6日)
閉校になっている学校も数千に及び、ギリス人の半数ほどが、仕事を休んでいるそうだ。

私たちのオフィスは、月曜日4日に仕事はじめだったが、クリスマスホリデーで滞った仕事の処理に追われていたところに、雪の影響で、連絡が取れない学校もあり、ご迷惑をおかけしているかもしれません。

この寒さは、まだまだ続くそうですが、イギリスに留学中の皆様は、くれぐれも、風邪など引かぬよう頑張ってください。
また、何か困ったことでもありましたら、どうぞ、ご連絡ください。

Badlingham私の住む、ケンブリッジシャーでは、幸運にも他の地区ほど大雪になっていません。
写真は、今日のお昼ごろのです。

 

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009年12月30日 (水)

飛行機爆破未遂 搭乗チェックに思う

クリスマスデーに、23歳のナイジェリア人、ウマル ファルーク アブドゥルムタラブが、アムステルダム発、デトロイト行きのノースウェスト便を爆破しようとし、テロ未遂容疑者として逮捕されたことは、イギリスでも、毎日大きなニュースになっている。

童顔のウマルは、裕福なナイジェリアの銀行家の子息で、ロンドン西部の高級住宅に住み、2008年にロンドン大学の工学部を卒業したばかりだ。 Nigelian_bomber

ボーガスカレッジと呼ばれる、ビザ取得のためのいい加減なカレッジの入学許可証で、イギリスの学生ビザを申請し、却下されたことなどもあり、イギリスのセキュリティー警戒リストに載っていたそうだ。

イエメンで、新しい人生が見つかったと2ヶ月ほど前に親に連絡し、消息を絶っていたそうだが、その間、ナイジェリアの親は、アメリカ政府に息子の不審な動きについて通告し、助けを求めていたそうだ。

裕福がために、早くに親元を離れ、過激な地で、ひとり生きてきた青年の悲しい人生のように思う。

25日、イエメンから、アムステルダムに飛び、アムステルダムのスキポール空港からデトロイトに向かうNW253便に乗り、デトロイト上空で爆破を試みた。

機内に持ち込んだ80gの液体は、PETNという爆薬であることが判明したそうだ。

私は、22日にKLMオランダ航空でイギリスに戻った。 スキポール空港で乗り換えた際、手荷物やボディチェックがあった。
スキポール空港で、日本行き便に乗り換えるときはなかったが、イギリスに戻るとき、手荷物スキャンに加え、フルボディスキャンがあった。
スキャナーの中に、バンザイ状態で立たされた。 初めての経験で、興味深く観察したところだった。 モニターに赤いイメージがあると、そのあたりを人間が改めて、ボディサーチしていた。

しかし、この日、機内持ち込みを許されている100g以内の液体の提示を求められなかった。
化粧水やヘスプレーなど、透明のビニール袋に入れ提示できるように分けておいたのだけれど。
イギリス出国時も、日本出国時も、日本行きアムステルダム空港でも、厳しく提示を求められていたのに、アムス発、英ノーリッチ空港行きの便に搭乗する際、液体のチェックがなかったのが、不思議に思っていたところだった。

☆☆☆
年末年始に、一時帰国していた方や、新年に留学をスタートする方たちが渡英する際、空港の警戒は厳しく、搭乗前チェックは、かなり時間がかかると思われます。
十分に時間の余裕を持って、空港に到着するようにしてください。

追記>
スーツケースに入らなかった、日本のお菓子をハンドラゲージに入れておいた。
成田とスキポール空港で、スキャナーを通過した手荷物。
最後にスキポール空港で、スキャナーを通ってから、5時間ほど経ってから、お菓子を手にすると「しけない」がホッカロンになっていた。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年11月22日 (日)

カンブリアで大洪水

ウィリアム ワーズワスやピーターラビットの作者ビアトリックスポッターをとりこにした美しい湖水地方は、日本人にもっともポピュラーな観光地だ。

Flood_damaged_bridge_cumbria

湖水地方があるイギリスの北西部のカンブリア州は、
19日から続いた豪雨で、大洪水に見舞われている。 
増水によりこれまで6つの橋が崩壊したそうだ。 
21日、ゴードンブラウン首相は、カンブリアを訪問し、
地域にある1800の橋をすべてチェックするよう命じた。

1300棟が浸水し、特に被害のひどいコッカーマウスの町では、住民は、避難命令が出ていて、建物の安全が確認されるまで、洪水で破壊された家に戻ることもできない。  テレビでは、コッカーマウスの破壊された商店街が映され、改築したばかりの家が破壊されてしまった人や、当方にくれている人たちのインタビューが流されている。 

今日22日、また午後から雨の予報が出ている。 
スコットランド、カンブリア地区、北アイルランドあたりは、また、洪水になる可能性があるそうだ。 さらに、来週末は、気温が下がるらしい。

今朝のニュースでは、保険の申請について、いったん水浸しになった家を、どのように乾かすかなど、被害者たちに実践的なアドバイスをしている。 

すでに、クリスマスの準備を始めているイギリス人たちだが、コッカーマウスの人たちも、どうにか暖かいクリスマスを迎えることができることを願う。

下記BBCニュースサイトから、洪水の様子を見ることができる。

http://news.bbc.co.uk/local/cumbria/hi/front_page/newsid_8369000/8369148.stm

【クイズ‐英語あれこれ】

この記事を書いた後、ちょっと気になっていたことがあり、今日確認してみました。

それは、地名"Cockermouth"「コッカーマウス」の発音についてです。

河口付近には、良く . . . .mouth がついた町の名前があります。 Bournemouth, Portsmouth, Sydmouth, Yarmouth など。  "mouth" が河口を意味するからです。 いずれの町も海の近くです。

これらの町の発音の日本語表記は、それぞれ、ボーンマス、ポーツマス、シドマス、ヤーマスで、ボーンマウスではありません。

ラジオやテレビのニュースで、ここ数日、カンブリアの洪水のニュースは、何度も繰り返されています。 ニュースリーダーは、"Cockermouth" は、「コッカーマス」ではなく、「コッカーマウス」と発音しています

それでは、なぜ、「コッカーマス」ではなく、「コッカーマウス」なのでしょうか?

あなたの答えを、下記までメールでお送りください。

info@mitsuba.co.uk

メールで正しい答えをお教えいたします。

 

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2009年11月 9日 (月)

巨額のユーロミリオンの当選者はイギリスにいた!

欧州9カ国が参加しているヨーロッパ最大のユーロミリオンという宝くじは、当選者が出ない場合、11回まで1等賞金が持ち越される。 これを、ロールオーバーというが、ロールオーバーが続き、先週11月6日(金)の1等ジャックポット賞金の予想額は、なんと9,000万ポンドとなった。

ユーロミリオンは、スーパーやガソリンスタンドなど購入することができる。 Euromillion_markcard_3

不景気の折、イギリス国民は、ユーロミリオンなどの宝くじに当選することを夢見て、抽選日には、いつも長い列ができている。

1等賞金が9000万ポンドということもあり、抽選日の11月6日、金曜日は、イギリス国内でユーロミリオンのチケットを買う人は、1時間に300万人に上ったという。

ユーロミリオンは、5つのメイン番号と、2つのラッキースターをすべてマッチしなければならない、ユーロミリオンのジャックポット当選確立は、7600万分の1だそうだ。 

この日の当選番号は、11-19-34-43-45 + 5-9  

ヨーロッパ9カ国が参加しているユーロミリオンの当選者は、必ずしもイギリスから出るわけではない。

ところが、土曜日のニュースで、今回の巨大なジャックポット当選者2名は、両方ともイギリス在住であることが大きく報道された。
さらに、まだ誰も申し出ていないので、ユーロミリオンを購入しているものは、チケットをチェックするようにというニュースだった。

そして、日曜日の朝になると、2名が申し出たことがニュースで報道された。

実際の賞金は、£91,141,670
その2分の1は、£45,570,835.50
1人の賞金は、4,500万ポンドということになる。

現在の円高の為替レートで、換算しても68億円だ。

このままうまく投資すれば、1年に200万ポンドの利子を稼ぐことができる額だそうだ。

当選者は、スーパーリッチの仲間入りをすることになる。
今、イギリスで人気のF1ドライバーの ジェイソン ボタンの財産と同じくらいらしい。
マンチェスターユナイテッドのウェインルーニーを上回るそうだ。

当選者が誰だったのか、近いうち、ロッタリーオペレーターのカメロットから発表になることだろうが、それにしても超ラッキーな人たちだ。

ユーロミリオンに限らず、宝くじは、買わなければ当選しない。
チケットを買わなかった私には、76万分の1のチャンスもなかったわけだ。

| | コメント (1) | トラックバック (4)

2009年2月 7日 (土)

雪のイギリス

今週月曜日、ロンドンは、18年ぶりの大雪で、学校、交通機関など麻痺状態になりました。 その後も、イギリス各地で、"severe weather warning"  「気象注意報」がだされ、雪に慣れていない地域では、交通事故が相次ぎ、まだ、一部混乱状態が続いています。 

私たちも月曜日の朝は、車の運転が危ないのでお休みにしました。 その後、月曜日ほどの大雪にはなりませんでしたが、毎日、みぞれや雪がちらつき、まだあちこち雪景色が残っています。

今回は、イギリス西部が 一番の"severe weather" で、大混乱状態になっているようです。

気温が下がるときは、夜間に「グリット」 という、凍結防止用岩塩(昔は、砂と砕いた小さな石だったそう。)を 路面に散布しますが、グリットがあちこちで不足して、撒いていない道路がたくさんあり、朝夕の運転は、かなり危ないところもあるようです。 グリットを撒くトラックは、グリッター(Gritter)といいます。 

この20年ぶりの寒波は、まだ、来週まで続くそうです。

イギリスは、大雪になるとすべて「ストップ」 してしまいます。
月曜日は、2800校が閉校しました。5人に1人が仕事を休みました。
しかし、寒波がまだまだ続くとなれば、対処策を考える必要がありますね。

ところで、イギリスの天気予報は、BBC Weather のホームページが便利です。 
http://www.bbc.co.uk/weather/

下BBCのサイトで今週のイギリスの雪の様子を見ることができます。
さすがに専門家が撮った写真です。  http://news.bbc.co.uk/1/shared/spl/hi/pop_ups/08/in_pictures_winter_weather/html/1.stm

下の写真は、私たちのオフィス近くのニューマーケットの月曜日の雪景色です。

Sany0490

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年1月10日 (土)

ウェッジウッドの破綻に思う

今週初めに、250年の歴史ある高級陶磁器メーカーの「ウェッジウッド」が経営破綻で、管財人が入ったことが、ニュースになった。

1759年に 「英国陶工の父」といわれるジョサイア ウェッジウッドが創業したウェッジウッドは、同じ頃に創業したアイルランドのクリスタルグラスのメーカーのウォーターフォードと1986年に合併し、Waterford, Wedgewood として、世界の一流ブランドとして君臨してきた。

日本でもポピュラーなブランドなので、今回、日本の資本が助けてくれることを願っていたが、アメリカの投資ファンドが買収することになったらしい。

いずれにしても、ブランドが存続してくれるわけだから、陶器やグラスが好きな私たち女性にとって一安心だ。  

それにしても、年明け早々、ウェッジウッドの経営破綻、マークス&スペンサーが1000人削減、日産自動車サンダーランド工場で1200人削減、バークレー銀行が400人カットなど、イギリスは、不景気なニュースばかりだ。

イギリスのハイストリートの顔だったウールワースや、組み立て家具のチェーンのMFIは、すでに閉鎖された。 
紅茶とコーヒーのメーカーのウィタードも破綻し管理人が入ったが、買い手が見つかっている。

伝統の国イギリスの名門ブランドが、消えてしまったら悲しすぎる。 

景気が悪化しているイギリスだが、日本に経済力があったバブルの頃のように、日本の資本をたくさん投入してイギリスの経済を助けてくれることができれば良いのだけれど。。。。。

それとも、アラブの王様が。。。。

しかし、円高ポンド安の状態が続いているのだから、これを機にイギリス留学、あるいは、イギリス観光を計画してみてはいかがでしょう。 

イギリス留学のことなら mitsuba associates までご相談ください。

Wedgewood

 


| | コメント (2) | トラックバック (0)