« 2011年12月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月30日 (土)

ダイヤモンドジュビリー

エリザベス女王の即位60年を記念して、イギリスでは、6月はじめに「ダイヤモンドジュビリー」が行われました。

今年86歳の女王陛下を称え、英国旗ユニオンジャックを掲げ、英国中でたくさんのイベントが繰り広げられました。

4連休となった祭典は、6月2日(土)エプソム競馬場で行われたダービーで始まりました。
競馬が大好きなエリザベス女王にとって、最もふさわしいスタートとなりました。

日本の某雑誌のコラムを書くのに、ダービーを観戦して来ました。 

メゾソプラノの美人歌手キャサリンジェンキンズの国家詠唱で始まったダービーデー。
13万人の観衆がエプソム競馬場に集まり、ダービー馬への期待感とジュビリーセレブレーションムードで場内は、例年にも増して盛り上がっていました。

翌日のテムズ川のバジェントはあいにくの天気でしたが、15~16世紀のコロネーションをまねた水上のセレブレーション。 テムズ川バテシーに1000隻以上のボートが集合し、タワーブリッジまで下りました。

そして、バッキンガムパレスからセントポール寺院までの馬車のパレートは、イギリスならではの壮麗な光景でした。

最後にバッキンガム宮殿前、ビクトリア女王の銅像の周りに設置されたステージを囲む大観衆を前に世紀のポップコンサートが行われ、豪華な花火が打ち上げられると、ダイヤモンドジュビリーは閉幕となりました。

エリザベス女王が君臨して60年。

ちょうどトラファリガースクエアからストランドに向かうシルバージュビリーの馬車のパレードを見る観衆の中にいた留学中の自分を昨日のことのように思いだします。

本当にあっという間に時間がたってしまいましたが、

エリザベス女王に

Hip Hip Hooray!

Hip Hip Hooray!

Hip Hip Hooray!

Dscn0952

ダービー前のパドックで馬を見る女王陛下

| | コメント (24) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年7月 »