« 2011年3月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年4月30日 (土)

ロイヤルウェディング&ケンブリッジ公爵夫妻誕生

4月29日(金)、ケイト ミドルトンさんとウィリアム王子の結婚式がウェストミンスター寺院で行われた。

29日は、世紀のロイヤルウェディングを国民皆で祝うことができるよう、特別にパブリックホリデーとなった。

そして、この日、イギリスは、何もかもがストップした。
戦争、天災、政治、すべてを忘れ、ウィリアム王子と一般家庭で育ったケイトさんのフェアリーテール ウェディングを国民を上げて祝った。 

BBCテレビは、朝6時から、バッキンガム宮殿、ウェストミンスター寺院、ミドルトン ファミリーが滞在するゴーリング ホテルあたりの様子、ザ マルでパレードを見るために早朝から集まり始めた観衆の様子などを報道した。 
2500万人がテレビでロイヤルウェディングを観たという。 Sany0037

もちろん、皆が何より注目していたのは、ケイトさんのウェディングドレス。
秘密が守られていたウェディングドレスのデザイナーは誰か?

いっそうスリムになっていたケイトさんは、アレキサンダー マックイーンのデザイナー、セーラ バートンがデザインした、肩から手首までレースがほどこされたロングスリーブのドレスで、お父様とウェストミンスター寺院にベントリーで到着した。

ロイヤルウェディングの招待客は、ロイヤルファミリーはじめ、政府要人、海外の王室、ウィリアム王子がかかわるチャリティーの関係者や、英空軍の仕事仲間、べッカム夫妻らセレブなど約2000名ほど。 寺院に到着する招待客のドレスや帽子を観てるだけでも十分に楽しい。Sany0050_3

式の後、ウィリアム王子とケイトさん(BBCは、キャサリンと呼んでいた。  そのほうがふさわしいから)は、1902年にエドワード7世の命で作られたという赤と金色の馬車で、バッキンガム宮殿に移動した。 馬車は、1981年のチャールズとダイアナ妃の結婚式にも使われた。 

そして、赤い軍服のウィリアム王子とキャサリン妃は、ダイアナ妃とチャールズ王子がキスを交わしたバッキンガム宮殿のバルコニーで、観衆のリクエストに応え、2回キスを交わした。 

1997年、15歳のウィリアム王子が母ダイアナ妃のお葬式Sany0059_3の日、ダイアナ妃の棺の後ろを、弟のハリーとチャールズ王子、スペンサー卿と歩いてパレードした時のシャイなウィリアム王子の笑みが忘れられない。 

あの日と変わらない、やさしい笑みを見せるウィリアム王子。 
ずっと英国民が見守ってきたアイドルのウィリアム王子と、平民で美しいケイトさんの結婚式は、無事終えた。
英国民が心から祝福できるロイヤルウェディングだった。

ロイヤルウェディングの日、新郎新婦に新しい称号を与えるのが慣習になっている。
エリザベス女王は、この日、ウィリアム王子とキャサリン妃に、ケンブリッジ公爵、公爵夫人の称号を与えた。

Duke and Duchess of Cambridge

ウィリアム王子は、His Royal Highness The Duke of Cambridge
キャサリン妃は、 Her Royal Highness The Duchess of Cambridge

Duke and Duchess は、貴族のランクでは、一番高い称号だ。   

| | コメント (49) | トラックバック (0)

2011年4月 4日 (月)

Tier4 学生ビザルール改正

3月31日、Tier 4 General Student Visa 学生ビザ規定変更について国会で承認されました。 

今回の変更内容は、2011年4月21日、2011年7月、2012年4月と最終的に2012年末に順次施行される予定です。

まず、4月21日から変更になることは、

1.外国人生徒を受け入れるには、各教育機関は、スポンサー登録をしていなければなりませんが、 現在Bレートのスポンサーは、CASを発行することができなくなります。
Aレートのスポンサーは、CAS発行数が制限されます。 
(スポンサーは、Highly Trusted Sponsor, A Sponsor, B Sponsorがあります。)    

2.英語のレベルが証明が厳しくなります。
B1レベル証明にSELT(Secure English Language Test)が必要になります。
SELTは、IELTS, TOEFL, FCEなどです。TOEICは、含まれません。 → 訂正です。
4月6日にボーダーエージェンシーが認可するSELTが発表されました。
リストは、下記ボーダーエージェンシのリンクを参考にしてください。
 http://www.ukba.homeoffice.gov.uk/sitecontent/documents/employersandsponsors/pointsbasedsystem/new-approved-english-language
リストでは、Educational Testing Servicesが行う TOEFLとTOEICの両テストがSELTとして認められているようです。

(B1は、英語のレベルが中級より少し低い程度です。)

入国審査で英語が話せない場合、入国拒否になることもあります。

3.CASは、ひとつのコースのみ有効ですが、Higher Education コースへ無条件で入学が許可されている場合に限り、Pre-sessional コース3ヶ月まであわせてCASを発行することができます。 (Pre-sessional と本科の間は、1ヶ月まで空いてもかまいません。)

2011年7月から変更になることは、

1. ビザ申請時点で、授業料と生活費が十分にあり、かつ、その額を保持できることを証明しなければなりません。 (日本人の場合、従来どおり28日間の残高証明でかまいませんが、場合により、コース開始後も所定の額があることを証明するよう要請されることもあります。)

2.アルバイトは、Higher Education に通う生徒のみ可能になります。
(現在、英語学校に通う学生は、週10時間までアルバイトが可能ですが、これが不可能になります。)

3.ポストグラジュエートコース以上のレベルで、12ヶ月以上の学生ビザを取得する場合のみ、扶養家族が同伴することがができます。 また、扶養家族は、就労することができます。 (英語学校の場合、扶養家族を連れてくることができなくなります。)

2012年4月から変更になることは。

1.Highly Trusted Sponsor のステータスがなければ、CASを発行することができなくなります。 

2.ワークエクスペリエンスの含まれるコースは、授業とワークエクスペリエンスの割合が、66対33までとなります。 (Higher Education は例外)

3.学位コース以上の学生には、最高5年までのビザが認めれます。 (PhDは、例外)

4.イギリスの大学卒業直後のTier1の権利がなくなります。

英語学校に長期で通う場合、11ヶ月間有効のExtended Student Visitor Visaがお勧めです。

ESVV申請には、英語のレベルを証明する必要がありません。
6ヶ月以上のコースをお申し込みください。

6ヶ月以内のコースは、入国時の審査でStudent Visitori Visaが発給されますので、前もってエントリークリアランスを申請する必要がありません。

イギリス留学のご質問は、mitsuba associatesにお問い合わせください。

mitsuba associates は、「留学プランナー」です。

| | コメント (49) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年6月 »