« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月14日 (火)

11ヶ月の短期留学ビザ

この数年、学生ビザのルールがたびたび変更になり、留学生を混乱させてきた。

現在、イギリスで語学学校に通う場合、General Student Visa (GSV) という学生ビザ、あるいは、Student Visitor Visa (SVV) という短期留学ビザのいずれかが必要になる。

GSVは、6ヶ月以上の長期留学者対象で、Tier4 というビザカテゴリーのもと、日本で学生ビザを申請しておかなければならない。 

一方、6ヶ月以内の留学の場合、入国時に書類を提示することにより、SVVが発給されるので、出発前の手間を省くことができる。

昨年夏、語学留学のためGSVを取得するには、英語のレベルがB1(TOEIC500点程度)以上であることを証明しなければならないというルールが加わった。 
TOEIC, IELTSなどの検定結果を提示することができない生徒のために、オンラインテストやスカイプテストをはじめた学校もある。UKボーダーエージェンシーのオンラインテストも始まった。

SVV短期留学ビザの場合、英語のレベルを証明する必要がない。

つまり、エレメンタリー レベルで長期語学留学を希望する場合、まずは、SVVで留学し、いったん帰国して、GSVを申請しなさいということになる。

現在、また、イギリス政府は、Tier4学生ビザの見直しをしてる。

GSVの語学留学生の英語のレベルをB1からB2に引き上げることを検討している。 B2は、Upper intermediate 「中級の上」のレベルだ。 英検なら1級程度。

大学やカレッジに入学希望するなら理解できる。 
しかし、英語学校に通う生徒の英語のレベルが、入学時点で英検1級程度必要というのだから、政府の考えていることがわからなくなってくる。

その矢先、12月13日 政府移民局から一時的な対策が発表された。

短期留学ビザ(SVV)を、現在の6ヶ月から11ヶ月に延長するという。

11ヶ月の短期留学ビザは、Extended Student Visitor Visa(ESVV) と呼ばれる。   

英語のレベルを証明する必要がない。
入学許可証が必要。
滞在費を証明する必要がある。
アルバイトをすることができない。
扶養家族を同伴することができない。

ただし、このExtended Student Visitor Visaは、入国時に発給されるのではなく、前もってエントリークリアランスを取得しておく必要がある。

ESVVの申請受付は、2011年1月10日から開始される。

28~36週のアカデミックセメスターコースやアカデミックイヤーコースの申し込みには、ぴったりのビザかもしれない。

一時的な政策なので、今後どのように変わるか注意しておく必要があるが、とりあえず、英語のレベルが気になる語学留学生には、Good News といえるかもしれない。

イギリス留学のことなら、どうぞ、mitsuba associatesにご相談ください。

| | コメント (73) | トラックバック (1)

2010年12月13日 (月)

Xファクター2010

今年も「Xファクター」の決勝戦が終わり、いよいよクリスマスのカウントダウンが始まった。

今年の優勝者は、27歳のマットカードル。
優勝と同時に Matt Cardle のシングル "When We Collide" が発売になった。
今年もクリスマスチャート1位になることが予想されているらしい。

今年6月に、グラスゴー、バーミンガム、ロンドン、カーディフなどイギリス各地で、オーディションが始まり、オーディション参加者は、ビデオ応募者も含めれば、昨年の20万人を上回る。

サイモンカウェルはじめシェリルコールら、いつもの"ジャッジ"たちによって、選び抜かれた12人のファイナリストに、今年は4人のワイルドカードが加わり合計16人の歌手で、10週前にライブショーがスタートした。

毎週、電話投票の後、最終的に"ジャッジ"により、1人ずつ落第させ、今週末の決勝では、マットとリバプール出身のやさしく上品で美人の2児の母、レベッカ ファーガソンが、それぞれ独特の声とすばらしい歌唱力で競った。

3位になった ワン ダイレクション は、オーディションの個人参加者で結成された若干16才、17歳の5人のボーイバンド。 優勝は、しなかったもののこれから活躍するに違いない。

イギリスでは、クリスマスが近づくと、
Have you done Christmas shopping ? とか、
Are you ready for Christmas ? といって挨拶をする。

しかし、ここ数年、Xファクターの人気で、イギリス人のクリスマス前の"文化"が変わったといっても過言ではない。

クリスマス前の挨拶が、

Are you watching the X factor this evening ? 
Who do you think will be voted out from the X factor this week ?
Who do you think will win the X factor ?

に変わった。

私自身も、すっかりNowなイギリス人になっていると思う。
毎週、"Wargner should go out." と返事をしていた。 

Mattcardle Matt Cardle
Rebeccaferguson Rebecca Fergason

| | コメント (53) | トラックバック (0)

2010年12月 9日 (木)

樹氷

冷え込むイギリス。

先週は、イギリスの北部と南部が大雪に見舞われ、ガトウィック空港はじめ、多くの学校が閉鎖になり、道路は麻痺状態で大混乱だった。

今週も、厳しい寒さは続き、スコットランドでは、マイナス16度、このあたり、ケンブリッジ郊外でも、昨日は、日中もマイナス5度の凍りつく1日だった。 

前の晩の濃霧が凍結し、昨日は、一日中樹氷が見事だった。

樹氷は、英語で、soft rime あるいは、hoar frost ともいう。

また、妖精のJack Frost の仕業という伝説もあり、白霜を「ジャック フロスト」と呼ぶ人もあるらしい。

白霜化粧の自宅付近

Sany2292 Sany2283

| | コメント (103) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »