« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月26日 (木)

イギリスのビザあれこれ②

今週初めに、London School of English の校長先生のTimothy Blake 氏からメールが送られてきました。

今年4月にTier 4 学生ビザがポイント制になり、大混乱状態になりましたが、学生ビザの大改革(?)大混乱(?)については、先日も書いた通りです。

イギリスのビザあれこれ

Tier 4 のポイント制には、利点も欠点もありますが、学校も私たちも留学生も、やっと慣れたところです。

英語学校や専門学校は、ポイント制に対応するため、スポンサー登録をするにあたり、かなり手間とお金がかかったに違いありません。 また、UKボーダーエージェンシーの基準に則るビザレターを発行するにあたり、入学手続きが一変し、学校は、新しいシステムを導入しました。  

Timothy氏によれば、政府は、12月11日に、その新しくできたばかりの学生ビザ規制について見直しをすることを発表したそうです。

ひとつに、イギリスでは、来年早々総選挙があるため、政府は、イミグレーション問題で、国民の指示を得ようとしていると思われます。

実際、コンピュターなどのコースを提供することによって、ブリティッシュカウンシルの認可を必要としない、いわゆる格安の「ボーガスカレッジ」は、受け入可能な人数以上のビザレターを発行し、パキスタン人など、たくさん入国させていることが判明しています。  

もちろん、学生ビザで違法滞在している人、あるいは、そのような外国人に、ビザレターを発行している学校は、厳しく取りしまるべきだと思います。

しかし、システムに慣れたばかりなのに、充分に教育機関の意見も聞かず、12月11日に急遽、見直しミーティングをする政府に対して、Timothy氏は、強く反発して、政府の10 Downing StreetのHPで、請願書をはじめました。

Timothy 氏と考えを同じにする、他の優れた学校からも連絡があり、私もこのぺティションに名前を加えました。 (英国人あるいは、英国在住のもののみ可能)

http://petitions.number10.gov.uk/PBSReview/

12月11日の見直し案では、入国規制をさらに厳しくする方針のようです。

たとえば、NVQレベル3以上にあげる。
入学時の英語のレベルを上げる。
アルバイト可能な時間を減らす。
滞在しながら、延長する場合のリミットなどについてです。

しかし、規制を厳しくすることにより、London School はじめ、優れた英語学校で、本当に勉学を目的とする留学生にまで、影響を及ぼしてしまう結果になります。

mitsuba associatesのKevin Yarrow からも政府に異議申し立てのメールを送りました。

それには、今年のビザ法改革がどれだけ、日本人留学生に影響を及ぼし、留学生が不要なペナルティを支払う結果になったこと。 ルールの適用は、国籍により差別するべきであることなどについて言及しました。

イギリス政府は、また、お金と時間を無駄にして、イギリスが世界に誇る教育産業までだめにしてしまうつもりなのでしょうか。

ボーガスカレッジを取り締まるインスペクターを養成するのが、一番効果的で経済的なことのように思うのですが。

学生ビザについては、何か変更が発表になり次第、お知らせしていきたいと思いますが、とりあえず、12月11日は、日本人留学生にとって、簡単でスムーズなルールに改正されることを願っています。

学生ビザ申請について、ご質問がありましたら、どうぞ、ご連絡ください。

info@mitsuba.co.uk

ワーキングホリデーのススメ も参考にしてください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月24日 (火)

アーガ クッカー

イギリスのファームハウスキッチン、あるいは、カントリーハウス キッチンに欠かせないのが、アーガクッカー。

古い物を大切にするイギリス人は、”アーガ” のあるキッチンを理想としている。

燃料費が高くなったここの頃は、一次ほど人気はないかも知れないが、1年中”アーガ”をつけておいて、大きなカントリーキッチンで生活するのが、イギリス人の理想的なのライフタイルとされている。

特に、これから寒くなると、帰宅した時に暖かいアーガは、大歓迎。 自然に回りに団欒ができる。

アーガは、1700年はじめの産業革命のころ、鋳鉄を型に入れて作られたらしいが、今でも同じ方法で作られているそうだ。 新しいアーガの7割は、リサイクルの鉄を使っているらしい。

オーブンの扉がいくつもあり、扉ごとに温度が異なる。 ロースト用、スロークッキング用、保温用などある。 なぜ、そのようになるかはわからない。
昔、羊を飼うファーマーは、アーガの一番下の扉の中に濡れた子羊を入れて乾かしたって、この前ハンティングで一緒になった人が言っていた。 (ちゃんと乾いて元気で出て来るそうだ。)

人気TVシェフのジェイミー オリバーの家にもあるそうだが、アーガがうまく使える人は、Good Cook といっている。

Aga_2 左は、友人のファームハウスのアーガ。 
白いアーガクッカーは、お母さんから受け継いだもの。 50年ほどの歴史がある。

鍋やざるなどを上からつるのもイギリスのファームハウスキッチンのスタイル。


下のアーガのHPの音声は、良きイギリスって感じ。 
クリスマスディナーを作るイギリスのキッチンの様子。

http://www.agaseason.co.uk/

外は、暗くてじめじめしたイギリスだが、暖かくって心地よい空間もある。
アーガのあるキッチンが、私も大好き。  

このアーガのアあるキッチンについて

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2009年11月22日 (日)

カンブリアで大洪水

ウィリアム ワーズワスやピーターラビットの作者ビアトリックスポッターをとりこにした美しい湖水地方は、日本人にもっともポピュラーな観光地だ。

Flood_damaged_bridge_cumbria

湖水地方があるイギリスの北西部のカンブリア州は、
19日から続いた豪雨で、大洪水に見舞われている。 
増水によりこれまで6つの橋が崩壊したそうだ。 
21日、ゴードンブラウン首相は、カンブリアを訪問し、
地域にある1800の橋をすべてチェックするよう命じた。

1300棟が浸水し、特に被害のひどいコッカーマウスの町では、住民は、避難命令が出ていて、建物の安全が確認されるまで、洪水で破壊された家に戻ることもできない。  テレビでは、コッカーマウスの破壊された商店街が映され、改築したばかりの家が破壊されてしまった人や、当方にくれている人たちのインタビューが流されている。 

今日22日、また午後から雨の予報が出ている。 
スコットランド、カンブリア地区、北アイルランドあたりは、また、洪水になる可能性があるそうだ。 さらに、来週末は、気温が下がるらしい。

今朝のニュースでは、保険の申請について、いったん水浸しになった家を、どのように乾かすかなど、被害者たちに実践的なアドバイスをしている。 

すでに、クリスマスの準備を始めているイギリス人たちだが、コッカーマウスの人たちも、どうにか暖かいクリスマスを迎えることができることを願う。

下記BBCニュースサイトから、洪水の様子を見ることができる。

http://news.bbc.co.uk/local/cumbria/hi/front_page/newsid_8369000/8369148.stm

【クイズ‐英語あれこれ】

この記事を書いた後、ちょっと気になっていたことがあり、今日確認してみました。

それは、地名"Cockermouth"「コッカーマウス」の発音についてです。

河口付近には、良く . . . .mouth がついた町の名前があります。 Bournemouth, Portsmouth, Sydmouth, Yarmouth など。  "mouth" が河口を意味するからです。 いずれの町も海の近くです。

これらの町の発音の日本語表記は、それぞれ、ボーンマス、ポーツマス、シドマス、ヤーマスで、ボーンマウスではありません。

ラジオやテレビのニュースで、ここ数日、カンブリアの洪水のニュースは、何度も繰り返されています。 ニュースリーダーは、"Cockermouth" は、「コッカーマス」ではなく、「コッカーマウス」と発音しています

それでは、なぜ、「コッカーマス」ではなく、「コッカーマウス」なのでしょうか?

あなたの答えを、下記までメールでお送りください。

info@mitsuba.co.uk

メールで正しい答えをお教えいたします。

 

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2009年11月20日 (金)

2010年ワーキングホリデーの勧め

昨年からワーキングホリデーは、ユースモビリティスキーム(YMS)と名前が変わり、ワーキングホリデービザ発給数は、400から1000(実際は1083)に増え、滞在期間も1年から2年に、雇用の規制も緩和され、若者に大きなチャンスを与えてくれることになりました。

ポイント制になったイギリスのビザ申請において、ワーキングホリデー(YMS)ビザは、Tier 5 で、YMSビザ取得に必要なポイントは、50点です。
            
 国籍 (30ポイント)  日本国パスポート
 年齢 (10ポイント)   18歳~30歳
 資金 (10ポイント)  £1600 以上

2010年YMSビザの申請受付は、インターネットで2010年1月1日からスタートになるそうです。 http://www.vfs-uk-jp.com/japan/index.aspx
しかし、英国ビザセンター VFS Globalの発表では、YMS ビザの予約登録は、センターで2009年12月15日から受け付けるそうです。

2009年は、人数が増えたにもかかわらず4月末にはフルになりましたので、2010年のYMSビザ申請者は、もうすでに書類の準備を始めているのではないかと思います。 早いもの順ですので。

★2010年ワーキングホリデーを勧める理由

今年4月から学生ビザもポイント制が導入されました。
語学学校と組み合わせたインターンシップの学生ビザを取得するのが難しくなり、インターンシップコースを廃止した学校がたくさんあります。
複数校の学生ビザを申請することができなくなりました。 はじめの学校に通う期間の学生ビザしか発給されません。 学生ビザ延長申請は、高額で面倒な手続きです。
学校が発行するビザレターに間違いがあり、ビザを却下された生徒がたくさんありました。
美容、アロマ、園芸などNVQレベル2のコースは、学生ビザを取得できなくなりました。
パートタイムのコースでは学生ビザを取得することができません。
滞在費の証明が厳しくなりました。
スポンサー登録を済ませていない学校は、ビザレターを発行できません。 スポンサー登録をしていない専門学校、公立校がたくさんあります。

上記の理由から、2010年のワーキングホリデービザ申請者は、殺到するのではないかと思います。 YMSビザは、簡単で安くフレキシブルだからです。

イギリスならではの資格 アロマセラピー、フロリストリー、ガーデニング、ビューティセラピー、チャイルドケア、馬術、ドッグトレーナーなど仕事を通して取得する資格コース NVQ(National Vocational Qualification) を取得するのに、YMSビザは、最適です。

フラワーショップでアルバイトをしながら、パートタイムでフロリストリーの資格。
美容院でアルバイトをしながら、ビューティセラピーの資格。
可能性は、たくさんあります。

mitsuba associates のオフィスは、ケンブリッジ郊外、ニューマーケットにありますが、ニューマーケットは、競馬発祥の地です。
町には、広大な競走馬の調教場と60の厩舎があります。 牧場も散在しています。 牧場で仕事をしたい方は、ナショナルスタッドのNVQレベル2コースで、働きながら、馬の生産と育成について学ぶこともできます。
競馬が好きなら、ブリティッシュレーシングスクールの9週のファンデーションコースを経て、有名な調教師の下で働くこともできます。 来年のジャパンカップは、イギリスの馬について日本に行くようになるかも知れません。

ご興味のある方は、下記を参照してください。
ブリティッシュレーシングスクール

ガーデン、馬、犬、アロマ、チャイルドケア。。。。
YMSビザで本場イギリスの資格にチャレンジして見てはいかがでしょう。  

もちろん、この貴重なチャンスにあふれたユースモビリティスキームの2年をフルで活かすには、英語力がキーです。 

フレキシブルなYMSビザを取得して、まずは、英語のコースから始めてみてはいかがでしょう。

ワーキングホリデー、イギリス留学、イギリス滞在のことでしたら、 どうぞ mitsuba associates にご相談ください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年11月19日 (木)

イギリス議会始まる

11月18日、イギリスの議会が始まった。

イギリスの議会は、女王陛下によって召集されるが、"The State Opening of Parliament" といって、カラフルなセレモニーが行われる。

女王陛下の馬車の行列は、バッキンガムパレスから国会議事堂 "House of Parliament"のウェストミンスター パレスへと向った。

イギリスの議会は、House of Lords(貴族院/上院)とHouse of Commons (庶民院/下院)からなるが、オープニングセレモニーは、貴族院で行われる。

女王陛下の行列が、国会議員が集まった貴族院の大きな扉を3回、ブラックロッド (黒い杖)でノックすると扉が開けられる。 チャールズ1世が、予告なしで、議会に飛び込み5人の議員を逮捕したことから始まった儀式だそうだ。  

オープニングセレモニーの注目は、"The Queen's Speech" で、女王陛下が、今議会で決議されることを読む。 このスピーチは、政府が準備したものだが、今年は、景気回復について、金融界のボーナスシステム改正、アフガニスタンのことなどについてだった。

今年は、6分半と例年より少し短いスピーチだったそうだが、83歳とは思えない女王陛下は、まさにクイーンズイングリッシュで読みあげた。
ご即位52年のエリザベス女王は、アンドリュー王子とエドワード王子を妊娠していた2回を除くすべての年の議会のオープニングの儀式を行ってきたそうだ。 

下のYoutubeで、スピーチを聞くことができる。

総選挙では、現政権の労働党が負け、保守党政権に戻ることが予想されている。

まもなく、女王陛下は、新しいイギリス首相を指名する儀式を行うことになるのだろうか。

アカデミー主演女優賞を受賞したヘレン ミレンが演じた「クイーン」という映画を思い出す。
ダイアナ妃の事故の頃の、エリザベス女王を描いた映画で、若き日のトニー ブレア首相が女王陛下に召集されたシーンがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

ロードメイヤーズショー

11月14日(土)は、雨と強風の最悪の天候だった。

この日、ロンドンのシティ City of London では、恒例の Lord Mayor's Show が行われた。 幸運にも、ギルドホールから、朝11時にパレードが出発したときには、雨は上がっていた。 しかし、夕刻からおこなわっる予定だった、恒例の壮観な花火大会は、強風のためキャンセルとなった。

ロードメイヤーズショーは、ロンドンの市長就任パレードで、カラフルなパレードに魅せられ、たくさんの観光客が集まる。 
ロンドン市長は、1年限りの名誉職だが、今年は、682代クリス アンストリー氏が就任した。

パレードは、1215年にジョン王が市民に毎年市長を選出する権利を認めたことに由来しているそうだ。 「英国王への忠誠を誓う」という考えのもと、新たに就任したロードメイヤーは、シティから英国王のいるウェストミンスターまでの5kmの道のりをパレードした。

ロードメイヤーの乗る金馬車は、250年前に作られたもので、通常は、博物館に展示されているそうだ。 

ロードメイヤーズショーのHP
http://www.lordmayorsshow.org/

ロンドンは、一般にグレーターロンドンと呼ばれる32の行政区からなるロンドンをさす。 グレーターロンドンを統括する市長は、4年ごとの選挙で選ばれ、現市長は、ボリスジョンソン氏だ。 

新ロンドン市長(ボリスジョンソン)
http://england.cocolog-nifty.com/news/2008/05/post_82a4.html

グレーターロンドンのど真ん中にあるシティオブロンドンは、独自の自治体になっている。  シティポリースと呼ばれる独自の警察組織もある。 
 
 "City of London"は、"The City" とも呼ばれるが、イングランド銀行はじめ、大手銀行、株式取引所、保険会社などが密集する金融の中心になっている。

今年のロードメイヤーズショーの様子は、下のYoutube で見ることができる。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年11月13日 (金)

イギリスのビザあれこれ

イギリスのビザは、2009年、英国国境局(UKBA)がポイント制を導入したこと、今年1月末から、ビザの審査がフィリピンのマニラで行われることになったことなどから、大混乱が続きました。

イギリスの入国管理システムは、数年にわたり改革が行われてきました。
まず、入国管理は、「ホームオフィス」が行っていましたが、英国の国境システムを完璧なものにするために、ホームオフィスの入国管理部門は、「UKBA ボーダーエージェンシー」(英国国境局)という名称に変わり、従来雇用省が管轄していたワークパーミットの申請などもすべてボーダーエージェンシーが行うようになりました。

イギリス滞在ビザをTier 1 ~Tier 5 のカテゴリーに分けて、それぞれの審査基準を明確にしました。

● Tier 1は、Highly Skilled Migrant 高度技術者
● Tier 2は、労働許可、従来のワークパーミット
● Tier 3は、Low Skilled Worker (現在機能していない)
● Tier 4は、学生ビザ
● Tier 5は、短期労働者、YMSワーキングホリデービザ

これらのビザを申請するに当たり、PBSポイントベースシステムが導入されました。

4月からポイントベースシステムになったTier 4の学生ビザは、40点満点で、ビザレターが30点、財務証明が10点です。 申請に必要な書類は、

● 教育機関からのビザレター
● 滞在費の証明
● 英語のレベルを証明できるための書類
● パスポート、その他の関連書類

とありますが、

● 教育機関が発行するビザレターは、従来の入学許可証ではなく、生徒のスポンサーになることを保証する手紙なので、スポンサー登録を済ませていなければならない。
● ビザレターには、スポンサー番号が明記されていること。
● 生徒の国籍、生年月日などに加えて、入学時の英語のレベル、コースのレベル、終了時の英語のレベルが明記されていなければならない。
● レベルは、Common European Frameworkに換算し、明記されていなければならない。
● 授業料がいくら支払われたか明記されていなければならない。

ビザレターの不備で30点をスコアすることができず、ビザが却下された人が相次ぎました。 英語学校にとっても新しいことで、混乱状態が続きました。

もちろん、再申請をすることにより、ビザを取得することができました。 しかし、スタートが遅れ、必要以上の経費がかかってしまいました。

滞在証明は、銀行の通帳に翻訳証明が必要になりました。  
残高は、ロンドンの場合、1ヶ月£800相当、地方の場合、£600相当とありましたが、本人の口座でなければならない。 (過去6ヶ月分のものを提出するとなっていましたが、10月から、所定額が28日以上、本人名義の口座にあることを証明できなければならないと変わっています。)

学年はじめの4月は、留学生が一番多い時期です。 ちょうど2月はじめに学生ビザの審査がマニラに変わり、審査に5週ほどかかったため、4月スタートに間に合わなく、やむなく延期をした生徒もたくさんありました。 航空券をキャンセルしたり、ぎりぎりのキャンセルで、ペナルティがかかってしまった生徒もあります。

ビザレターの不備で却下された方、申請に時間がかかり延期せざるを得なかった方のために、私たちも学校との連絡、交渉、調整に忙しい日々でした。 

しかし、何より留学生には、心から同情しました。

留学を実現するために、アルバイトをして貯蓄した若者の貴重な資金の無駄使いをさせてしまったことに対して、イギリス政府に強い怒りを感じました。
ビザに限らず、変換期はいろいろな予期せぬことが起こり大変なことは承知しています。
しかし、これを勉学を目的とする若者が経済的に負担しなければならない状態になってしまったことに対して、許せない気持ちでした。

ビザレターの不備で却下された場合、学校と交渉し、再申請料を学校に負担してもらうようにしました。

スタート日を遅らすにあたり、ぎりぎりの通知でもホームステイなどの受け入れを手配してくれたり、出迎えのアレンジをしてくれたり、学校との連携もうまくできるようにしました。 これは、現地にいる強みかも知れません。

留学生と一緒に混乱期を切り抜けてきたことにより、適切なアドバイスをすることもできるようになりました。 

ビザ申請方法も落ち着いてきましたので、また、たくさんの方が、この円高を利用して、イギリス留学を見直してくれることを願っています。

治安の良いイギリス。
文化、伝統、歴史のあるイギリス。
何より、日本人に合ったきれいな英語を話すイギリス。
本場のイギリスです。

イギリス留学のご相談は、 現地の事情に精通した、ベテラン mitsuba associatesのカウンセラーにお任せください。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 9日 (月)

巨額のユーロミリオンの当選者はイギリスにいた!

欧州9カ国が参加しているヨーロッパ最大のユーロミリオンという宝くじは、当選者が出ない場合、11回まで1等賞金が持ち越される。 これを、ロールオーバーというが、ロールオーバーが続き、先週11月6日(金)の1等ジャックポット賞金の予想額は、なんと9,000万ポンドとなった。

ユーロミリオンは、スーパーやガソリンスタンドなど購入することができる。 Euromillion_markcard_3

不景気の折、イギリス国民は、ユーロミリオンなどの宝くじに当選することを夢見て、抽選日には、いつも長い列ができている。

1等賞金が9000万ポンドということもあり、抽選日の11月6日、金曜日は、イギリス国内でユーロミリオンのチケットを買う人は、1時間に300万人に上ったという。

ユーロミリオンは、5つのメイン番号と、2つのラッキースターをすべてマッチしなければならない、ユーロミリオンのジャックポット当選確立は、7600万分の1だそうだ。 

この日の当選番号は、11-19-34-43-45 + 5-9  

ヨーロッパ9カ国が参加しているユーロミリオンの当選者は、必ずしもイギリスから出るわけではない。

ところが、土曜日のニュースで、今回の巨大なジャックポット当選者2名は、両方ともイギリス在住であることが大きく報道された。
さらに、まだ誰も申し出ていないので、ユーロミリオンを購入しているものは、チケットをチェックするようにというニュースだった。

そして、日曜日の朝になると、2名が申し出たことがニュースで報道された。

実際の賞金は、£91,141,670
その2分の1は、£45,570,835.50
1人の賞金は、4,500万ポンドということになる。

現在の円高の為替レートで、換算しても68億円だ。

このままうまく投資すれば、1年に200万ポンドの利子を稼ぐことができる額だそうだ。

当選者は、スーパーリッチの仲間入りをすることになる。
今、イギリスで人気のF1ドライバーの ジェイソン ボタンの財産と同じくらいらしい。
マンチェスターユナイテッドのウェインルーニーを上回るそうだ。

当選者が誰だったのか、近いうち、ロッタリーオペレーターのカメロットから発表になることだろうが、それにしても超ラッキーな人たちだ。

ユーロミリオンに限らず、宝くじは、買わなければ当選しない。
チケットを買わなかった私には、76万分の1のチャンスもなかったわけだ。

| | コメント (1) | トラックバック (4)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »