« 霧のケンブリッジ | トップページ | New School of Englishのスペシャルオファー »

2008年2月29日 (金)

うるう年

今年は、4年に一度のオリンピックの年、2008年は、北京リンピックです。  ちなみに北京は、英語では、Beijingですので、こちらでは、「ベイジン・オリンピック」と言っています。

オリンピックのある年は、うるう年ですので、2月29日まであります。

うるう年のことを英語で、"Leap Year" といいます。 カエルが飛ぶのもリープ/Leapです。  そういえば、Leapfrogなんていう遊びもありますね。 日本では、「背中渡り」というのでしょうか。Leapyear08_2

サーチエンジンのグーグルも今日は、カエルになっていました。

今日は、その2月29日、"Leap day" または"Leap year day"です。

4年に1度は、うるう年ですが、100で割ることができる年は、うるう年にならないけれど、400で割れる年は、うるう年にするなんて細かい取り決めもあるようです。

つまり、1800年、1900年、2100年、2200年は、普通の年だけれど、2000年、2400年は、うるう年になるのだそうです。  

昔イギリスやアイルランドでは、"Leap day"には、女性から男性にプロポーズしても良い日だったそうです。 まるで、日本のバレンタインデーのようですが、それだけ、女性の立場が弱かったのでしょう。 もちろん、今日でも、男性がプロポーズするのが、正統派ですが、今朝のラジオ4のニュースによれば、統計から、イギリスでは、今日、プロポーズをする女性の数は、70万人いるでしょうとのこと。。。。。

スコットランドなどでは、昔、2月29日に生まれるのは、アンラッキー、この日に結婚るのもアンラッキーとされていましたが、今では、それほど気にしていません。

私は、今晩、誕生パーティーに招待されています。 でも、実際の誕生日は、26日だったので、ラッキーな誕生日です。

|

« 霧のケンブリッジ | トップページ | New School of Englishのスペシャルオファー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/39976/10832101

この記事へのトラックバック一覧です: うるう年:

« 霧のケンブリッジ | トップページ | New School of Englishのスペシャルオファー »