« 未承認薬臨床テストで6人の若者が重体 | トップページ | ブログの再開 »

2006年4月 5日 (水)

サマータイムの始まり

イギリスは、3月の最終週末に、冬時間から夏時間に変わり、日本との時差が9時間から8時間になります。 冬時間は、いわゆるグリニッチ標準時間で、夏時間は、プラス1時間ですので、日曜日の朝、8時かと思って目が覚めると、9時になっているのです。 時計は、日曜日の朝1時から2時の間に1時間ずらします。  

私は、3月25日(土)の晩は、1時間の睡眠のロスをカバーしておきたかったので、いつもより早く寝ました。 しかし、少し風邪気味だったので、結局、26日(日)の朝は、ゆっくり時間など気にせず10時まで(夏時間の)寝てしまいました。 こんなに長時間寝たのは、久しぶりでした。  

10月の最終週末に冬時間に戻しますが、春と秋に時計の針を遅らすのか早くするか間違えないよう、私は、今でも、"Spring forward, fall back" といって確認してみます。 Fall は、アメリカ英語で「秋」のこと。 イギリスでは秋は、Autumnです。 しかし、fall back - 「後ろに転げる」と「秋は戻す」の語呂合わせです。 Spring forward - 「前に弾む」と「春は、前に」の語呂合わせです。

夏時間になり、1週間経ちましたが、すでに夜は、8時近くまで明るくなってきています。 今年は、冬から春にかけて寒さが厳しく、今やっとラッパスイセンが満開になったところです。 木々、草花は、例年より数週間遅れています。 

待ちに待ったBritish Summer Time の始まりです。 イギリスは、これから夏にかけて最高です。 

まずは、眠っていた庭のお手入れから。  毎年、イースターの4連休には、(今年は、4月14日~17日)、皆がガーデンセンターへ足を運びます。  私も予定は、ガーデニング。 

|

« 未承認薬臨床テストで6人の若者が重体 | トップページ | ブログの再開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/39976/1285766

この記事へのトラックバック一覧です: サマータイムの始まり:

« 未承認薬臨床テストで6人の若者が重体 | トップページ | ブログの再開 »