« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月22日 (水)

未承認薬臨床テストで6人の若者が重体

ロンドン在住者に無料で配られている週刊「英国ニュースダイジェスト」は、ロンドンのアルバイト情報や貸家、売り車情報はじめ、イギリスと日本のニュースが載っていて、とても役に立つ新聞。 日本のスーパーや本屋さんに置いてあるが、有料で定期購読をすることもできる。

この英国ニュースダイジェストに、毎週「承認、未承認薬の臨床試験のため日本人ボランティア募集」という広告が大きく載っている。 ボランティアには、高額の謝礼が支払われるので、貧しい留学生にはとても魅力的なアルバイトだ。

3月のはじめに、ロンドンのノースウィック病院でドイツの医薬品リサーチ会社 Parexel が開発した薬、TGN1412の実験台になった6人の若者が、突然、発熱、頭部激痛、嘔吐を訴え、失神してしまった。 翌日の新聞は、まるで若者の頭は、映画のエレファントマンのように3倍近い大きさに膨れあがっていたと報道されていた。 

この臨床試験のボランティアは、ニュージーランドやオーストラリアから来ている21歳~23歳くらいの男性とイギリス人男性ら。 2000ポンドほどの謝礼が支払われることになっていたらしい。

複数の内蔵の機能が停止したことにより、事件後、1週間以上経過しても、6人のうち2人は、まだ意識不明の重体で、1年くらいは意識不明の状態が続くのではないかといわれている。 他の4名は、輸血後、人工内蔵補助器の手助けで、回復の兆しを見せているらしいが。  

薬品製造会社 TeGeneroは、白血病やリューマチなどの治療に開発されたこの薬を人間に試すのは今回が初めてだが、ウサギやサルの動物実験では、まったく悪性反応を示していなかったと実験台になった家族に謝罪している。

かなりまれなことではあるそうだが. . . .  

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月21日 (火)

首相官邸のネコが亡くなる

ウェストミンスター国会議事堂とトラファルガースクエアを結ぶ通りは、ホワイトホールと呼ばれ、ロンドンを訪れる観光客が一番最初に行く有名な官庁街だ。 

ちょうどホワイトホールの真ん中あたりに首相官邸がある「ダウニング通り」があり、その奥、「No. 10 Downing Street」には、現首相トニーブレア一家が住んでいる。 ダウニングストリートの入り口は、黒い背の高い鉄のゲートで閉ざされ警戒が厳しいので、一般の人は、No.10 まで行くことはできない。 私がロンドンで学生生活をしていたころ、一昔、いや、かなり昔は、10番の黒いドアの前まで行って写真を撮ることができたが。

その首相官邸に、保守党首相の鉄人女性、Mrs. サッチャーの頃に白と黒のぶちネコのハンフリーは住み始めた。 1989年に迷い込んできたネコをNo.10で飼い始めた。 

Hamphrey_1ところが、1997年の総選挙で労働党が選ばれ、現トニーブレア首相一家が引っ越して6ヶ月ほどして、ハンフリーは、「10ダウニングストリート」からいなくなった。 首相夫人のシェリーブレア夫人が動物が嫌いなので、追い出されたという報道を否定していたことがあった。

このたび、保守党員が、元内閣ねずみ担当長官のモギー(ハンフリーのニックネーム)が、まだ元気にしているかどうか問いただしたところ、先週、ロンドン南部のハンフリーの新しい飼い主宅で、肝臓疾患で亡くなったことが報告された。 

新聞記者らは、その飼い主宅に招待を受け、その後もハンフリーは 、別の飼い主の下、生き続けていたことを証明するため、証拠写真を取らされた。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月20日 (月)

小学生のリーディングの教授法の変更案

イギリスの小学校のリーディングの授業で、「シンセティックフォニック」と呼ばれる音を合成する方法を使って教えるべきだと提案があった。 

この提案に労働党および保守党の両党の関係者が賛成している。  教育大臣のルースケリー女史は、"I am clear that synthetic phonics should be the first strategy in teaching all children to read."  「シンセティックフォニックが子供たちにリーディングを教える基本であることは明らかだ。」

単語全体を認識することより、音に重点をおく方法として、 これまで、一般に、"analytic phonics" 「分解式発音」が使われている。 たとえば、"street" は"str-"と"-eet"に分解される。  ところが、"synthetic phonics"では、 "ss-t-rrr-ee-t" となる。

この方法をすべて学んでから、読書に進むべきだ。 提案者のローズ元文部省監査役員の報告書では、この方法は、5歳までに教えはじめるべきであると述べている。

すでにスコットランドでこの方法を実験的に取り入れている学校があるが、リーディングの標準は他校より数段上だ。

これに反対する人たちは、読むことはできるようになるが、読んでいる内容を理解することにはつながらないのではないかといっている。

イギリスでは、1998年以来、特に小学生の読み書き能力向上に力を入れてきているが、今でも子供たちの5人に1人は、11歳までに規定の水準まで達していない。 

この「シンセティックフォニック」という方法は、外国人が英語のリーディングを学びはじめる上でも、役に立つものだろうか??  英語のリーディングの初心者に英語学校も取り入れるようになるのだろうか。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月15日 (水)

世界最大のドッグショー クラフト

世界最大のドッグショー クラフト Cruftsが、3月9日~3月12日の4日間にわたり、バーミンガムにあるNEC(National Exhibition Centre)で開催された。 ショーには、約12万人が訪れ、2万匹、178種の犬が参加した。 

初日9日は、ワーキングドッグ、10日は、テリアとハウンド、11日と12日は、トイとガンドッグの日。 ボダーコリーが得意とするアジリティやフライボール、音楽にあわせたデモンストレーションはいつも大人気。 グッズ関係のスタンドは、400店出店された。 イギリス中から、さらには、ヨーロッパはじめ世界各国から犬と犬好き人間が集まる、まさに犬のChance祭典。 最終日には、それぞれのカテゴリーで勝ち残った犬が、The Best in the Show を目指し、再度競う。 今年のベストインザショーは、 米カリフォルニアから来た、オーストラリアンシェパードのチャンス君。  

開催中にバーミンガムに行くことのできなかった人たちは、BBCテレビの前で毎晩釘付けになる。  とにかく人気の行事だ。

クラフトは、Charles Crufts氏が1859年に50匹あまりの犬を集めて開催したのが始まりらしいが、戦後、ケネルクラブが引継ぎ、世界最古のドッグショーでもある。 

今年14歳になる私の愛犬、ラブラドールのベンソンは、私なしには、生きていけないのではと思うほど、私に忠実。 少しだけ耳が遠くなったような気もするが、まだ子犬のようにいたずらで元気が良い。 これからまだ長いお付き合いが続きそう。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 6日 (月)

ベテランカウンセラー斉藤実智子さんがリタイヤー

42年間の中学校の英語教員を経て(うち15年は、英国の日本人学校で)、2002年からMitsuba Associatesで留学アドバイサー/カウンセラーとして、ご活躍していただいた斉藤実智子先生が、約20年の英国滞在に終止符を打ち、帰国するため、2月いっぱいで、退職しました。 

斉藤先生は、旅行とご馳走、クラシック音楽が大好きで、イギリスの隅から隅まで車で走り、フェスティバルホールの常連で、オペラ、ミュージカルも見尽くし、おいしいレストランがあると聞けば、数時間の運転は何とも思わない、ものすごいバイタリティのある方でした。  また、イギリスだけでなく、時間があれば、世界中駆け巡っていました。 

Mitsuba Associatesの日本人スタッフには、おいしい日本食を作ってご馳走してくれましたが、 これから、日本で毎日おいしい物を食べれることができるのが一番の楽しみだといって帰っていかれました。

娘さんご一家がイギリス在住ですので、お孫さんたちに会いに、また近いうちイギリスに戻ってくるに違いないでしょうが、今度は、お仕事ではなく、どうぞごゆっくり。 

本当に長~い間お疲れ様でした。 Thank you.

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »